新しいものづくりがわかるメディア

RSS


パナソニック、一瞬で集中力を高められるウェアラブル端末「WEAR SPACE」のクラウドファンディング開始

パナソニックは、集中力を高めるためのウェアラブル端末「WEAR SPACE」のアジャイル開発を行うためのプロジェクト「WEAR SPACE project」を立ち上げ、同製品のクラウドファンディングを開始した。

photo

WEAR SPACEは、ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンと、装着者の視界を調整できるパーテーションで構成され、周囲の雑音を低減すると共に不要な視界情報を排除することで、オープンな環境のオフィスなどでも心理的なパーソナル空間を生み出すことができるという新しいコンセプトのウェアラブルデバイスだ。

photo

近年の働き方改革に伴うオフィスのフリーアドレス化やサテライトオフィスの活用などのオープンな環境での集中力維持や生産性向上などの課題を視野に開発されている。一般的なヘッドホンなどと比べて頭頂部の圧迫感がない装着感や、装着者が集中していることが周囲に伝わるようなデザインを採用するなどの工夫も凝らされている。BluetoothでスマートフォンやPCと接続して音楽などの再生も可能だ。

photo

WEAR SPACEは、同社の家電デザイン部門で先行開発を担当するFUTURE LIFE FACTORY(FLF)が企画、デザインし、設計、製造、販売はShiftallが担う。

photo

クラウドファンディングは「GREEN FUNDING」で開催中。支援コースおよびリワードは、【限定200台】WEAR SPACE 1台(17%オフ)2万9000円、【先着10名限定】ORIGINLDESIGN(オリジナルデザインのWEAR SPACE 1台)10万円などが用意されている。

目標金額1500万円のところ、2018年10月3日現在430万円以上の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る