新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、小型FFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Jr. WiFi Pro」発売

XYZプリンティングジャパンは2018年10月4日に、FFF方式小型3Dプリンターの無線LANモデル「ダヴィンチ Jr. WiFi Pro」の販売を開始した。

photo

ダヴィンチ Jr. WiFi Proは、2018年3月に発売したダヴィンチJr. 1.0 Pro に無線LAN機能を搭載したモデルで、ワイヤレス3Dプリントを利用できる。対応ソフトウェアは「XYZmaker Suite」で、タブレット端末向けアプリケーション「XYZmaker Mobile」で3Dモデルを作り、プリンターにデータを飛ばして造形できる。

製品寸法は420×430×380mm、重量は12kg。机や作業台上にも簡単に設置できるコンパクトボディで、造形可能サイズは150×150×150mmだ。最大印刷速度は160mm/秒、積層ピッチは20~400μm、最小解像度はXYが12.5μm、Z位置が0.4μmだ。オートキャリブレーションシステムには9点校正システムを採用し、プリントモジュールとプリントプラットフォームの距離を正確に感知できる。

photo

対応フィラメントはPLA、タフPLA、PETGに新たにメタリックPLAを加え、プラスチック素材でありながら金属の質感も実現できる。専用ノズル(オプション)への換装により、炭素繊維を配合したカーボンPLAも使用できる。サードパーティー製フィラメントにも対応しており、1.75mm径の上記フィラメント5種類であれば使用できる。

また、ノズルをレーザー刻印モジュール(オプション)に交換することで、紙、厚紙、革、木材、プラスチックへのレーザー刻印も可能だ。

希望小売価格は7万4800円(税抜/送料込)で、ECサイト(Amazon、Yahoo!、楽天)、販売代理店やWebサイト を通じて販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る