新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、小型FFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Jr. WiFi Pro」発売

XYZプリンティングジャパンは2018年10月4日に、FFF方式小型3Dプリンターの無線LANモデル「ダヴィンチ Jr. WiFi Pro」の販売を開始した。

photo

ダヴィンチ Jr. WiFi Proは、2018年3月に発売したダヴィンチJr. 1.0 Pro に無線LAN機能を搭載したモデルで、ワイヤレス3Dプリントを利用できる。対応ソフトウェアは「XYZmaker Suite」で、タブレット端末向けアプリケーション「XYZmaker Mobile」で3Dモデルを作り、プリンターにデータを飛ばして造形できる。

製品寸法は420×430×380mm、重量は12kg。机や作業台上にも簡単に設置できるコンパクトボディで、造形可能サイズは150×150×150mmだ。最大印刷速度は160mm/秒、積層ピッチは20~400μm、最小解像度はXYが12.5μm、Z位置が0.4μmだ。オートキャリブレーションシステムには9点校正システムを採用し、プリントモジュールとプリントプラットフォームの距離を正確に感知できる。

photo

対応フィラメントはPLA、タフPLA、PETGに新たにメタリックPLAを加え、プラスチック素材でありながら金属の質感も実現できる。専用ノズル(オプション)への換装により、炭素繊維を配合したカーボンPLAも使用できる。サードパーティー製フィラメントにも対応しており、1.75mm径の上記フィラメント5種類であれば使用できる。

また、ノズルをレーザー刻印モジュール(オプション)に交換することで、紙、厚紙、革、木材、プラスチックへのレーザー刻印も可能だ。

希望小売価格は7万4800円(税抜/送料込)で、ECサイト(Amazon、Yahoo!、楽天)、販売代理店やWebサイト を通じて販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る