新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マイクロチップ・テクノロジー、Google Cloud向けAVR MCU開発ボード「AC164160」を発表

米マイクロチップ・テクノロジーは、Google Cloudとのパートナーシップの一環として、コネクテッドデバイスのラピッドプロトタイピングが可能なAVR-IoT WG開発ボード「AC164160」を発表した。

AC164160は、高性能AVR MCU、CryptoAuthenticationセキュアエレメントIC、認証済みWi-Fiネットワークコントローラーを備え、シンプルかつ効率的に組み込みアプリケーションをネットワークに接続可能だ。Google Cloud IoT Coreの利用により、データを容易に収集/処理/分析し、意思決定を知らせる事ができる。

同ボードを使うことで、無償のオンラインポータルサイトからGoogle Cloud接続を追加できる。同社の開発ツールMPLAB Code Configurator(MCC)とAtmel STARTの両方をサポートしており、接続後はMCC/Atmel STARTどちらでもクラウド上での開発/デバッグが可能だ。

同ボードに搭載されたATmega4808 8ビットMCUは、AVRアーキテクチャの処理能力と使いやすさに加え、先進のセンシング機能と安定した駆動機構を備えている。また、省電力化に役立つCIP(コアから独立した周辺モジュール)も搭載している。

デバイスをセキュア認証する必要がある場合、ATECC608A CryptoAuthenticationデバイスが、信頼および保護された一意のアイデンティティを提供してくれる。同デバイスは、Google Cloud IoT Core上で登録済みの状態で提供されるため、すぐに使用可能だ。

また、Google CloudへのWi-Fi接続用に、産業グレードの認証済みIoTネットワークコントローラーATWINC1510を採用しており、IEEE 802.11 b/g/n規格に接続できる。

同ボードは、450種類を超えるMikroElektronika Clickボードと互換性があり、センサーとアクチュエーターの選択肢を広げられる。同キットを購入してオンラインポータルサイトにアクセスすると、センサーから発信されるデータを可視化できる。

AC164160は、2018年10月11日より量産出荷を開始しており、同社Webサイトで購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る