新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全長600mのフロートで太平洋の大掃除——浮遊プラスチックごみを回収するクリーンアップシステムが出航

カリフォルニアとハワイの間を漂う「太平洋ゴミベルト(Great Pacific Garbage Patch)」は、世界に5つあるゴミベルト(南北太平洋、南北大西洋、インド洋)の中でも最大のものだ。

面積は推定160万平方キロメートルで、日本の国土(約37万8000平方キロメートル)の4倍強もあり、8万トンのプラスチックが浮遊していると見積もられている。この海域の大掃除に乗り出したのが、オランダのロッテルダムに本拠地を置く「The Ocean Cleanup」、2013年にオランダ人発明家Boyan Slat氏が18歳の若さで設立したNPOだ。

The Ocean Cleanupの開発した「System 001」は、全長600mの巨大なフロート。深さ3mのスカートが付いていて、見た目は巻き網漁船のようだが、もちろん魚をとるのが目的ではない。フロートに付いたスカートが下への流れを作り、魚をその流れに沿って外へ逃がし、浮遊するプラスチックだけを回収する。

System 001の大きな特徴は、その運用方法だ。System 001は無人/無動力で、風と波によってU字型を作り、漂いながら浮遊プラスチックを集める。ソーラーパネルから電力を得て衛星通信を行い位置と状況をレポートする。その情報を元に回収船が定期的にSystem 001に向かい、ゴミを回収してリサイクルにまわす計画だ。試算では、5年間の運用で、太平洋ゴミベルトのゴミを半分にできるという。

System 001は2018年9月8日にサンフランシスコ湾を出航し、試験海域に向かっている。2週間の試験運転の後、太平洋ゴミベルトへの1000海里(約1800キロメートル)の航海に向かう。速度は2~3ノット(時速約4~6キロメートル)と遅いため、2週間ほどの航海になりそうだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  7. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  8. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  9. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る