新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEDビジュアライザーを自分でプログラミング——小型スピーカーDIYキット「AUDX」

ArduinoベースのLEDビジュアライザー付き小型スピーカーDIYキット「AUDX」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。

AUDX

AUDXは、以前、fabcrossで紹介したポータブルゲームコンソール「2048」ロボットDIYキット「NOVA」を開発したクリエイターによる新プロジェクト。スピーカーの組み立て過程を通して、はんだ付けの基本的なスキルを磨いたり電子工学と音響機器の基本概念を理解したりするようになるとしている。初心者向けに組み立てガイドや動画によるチュートリアルも準備するという。

AUDX

キットの内容物は、マイクロコントローラー「ATmega328P」、AGC(Auto Gain Control)内蔵マイクアンプモジュール「MAX9814」、2.5W D級アンプ「PAM8302」、電源IC「TPS61090」、スピーカー(3W/4Ω)、8×8オレンジ色LEDドットマトリックスモジュールなどを含む。

AUDX

AUDXはArduinoベースのため、Arduinoとケーブル接続してArduino IDEでプログラミングすることができる。音楽に合わせてLEDが光るプログラムを書きビジュアライザーを作っていくうちに、プログラミングを覚えるようになるとしている。プログラム教育ガイドは開発元のウェブサイトで提供する予定だ。

AUDX

AUDXは単4電池3個で動作するので、持ち歩きに便利だ。音声ケーブルでスマートフォンや音楽プレイヤーと接続して音楽を再生できるだけでなく、AUDXにBluetoothレシーバーを取り付けるとワイヤレススピーカーとしても使える。

AUDX

AUDXの特別早期割引価格は、119ポンド(約18000円)。出荷は2019年2月の予定で、日本への送料は無料だ。

AUDXは、2018年11月25日までクラウドファンディングを実施。2018年10月17日時点で、目標額1万5000ポンド(約220万円)に対して約2900ポンド(約43万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る