新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全方向への平行移動が可能——研究開発用台車ロボット「メカナムローバーVer2.0」発売へ

ヴイストンは、四輪駆動のメカナムホイールを搭載し、全方向への平行移動が可能な研究開発用台車ロボット「メカナムローバーVer2.0」を2018年10月31日に発売する予定だ。

同ロボットは、4輪のメカナムホイールによる前後移動、旋回動作に加えて、左右や斜め方向に平行移動できる。各ホイールに装備したサスペンションにより、1cm程度の段差であれば接地して走行する。最高速度は、従来モデル「メカナムローバーVer1.2」の毎秒0.6mから毎秒1.3mに向上した。

左:無線コントローラー 右:Raspberry Pi 3B搭載(オプション)

3種類の無線通信(Wi-Fi/BLE/Bluetooth Classic)と有線通信(USB)に対応。PCやタブレット、Raspberry Piなどで制御できる。制御基板にRaspberry Pi向けGPIOソケットを備えており、ロボット本体にRaspberry Piを搭載できる。また、Raspberry Piで制御することもできる。

SLAMサンプルによる地図作成

ROS(Robot Operating System)メッセージ通信にも対応しており、対応デバイスからROSで制御できる。付属のサンプルプログラムを使って、初心者でもROS環境での制御や、LRF(Laser Rangefinder)による高度な制御ができる。

Arduino IDE

制御ボードにはESP32-WROOM-32マイコンを搭載し、Arduino IDEを用いた制御プログラムを作成できる。また、付属のゲームパッド型無線コントローラーから手動操縦や動作確認ができる。

本体サイズは398×349×166mm。フレーム素材はアルミニウム、可搬重量は40kgだ。搭載CPUはTensilica Xtensa LX6 microprocessor(240MHz)。フラッシュメモリーは4MB、SRAMは520kBとなる。バッテリー駆動時間は21時間以上(秒速0.3mでの定速走行時)だ。

価格は50万円(税別)で、バンパーセンサーやLRFなどはオプションとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る