新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」

IoTコントロールボード「obniz」を使って、AIを活用したロボットやIoTデバイスを作成できるキットがMakuakeでプロジェクトを開始した。

obnizは、使用したいモーターやセンサーをつなぎWi-Fiに接続することで、インターネット経由でさまざまな言語や環境からハードウェアを簡単に制御できるIoTコントロールボードだ。本体ディスプレイに表示されるQRコードをスマートフォンでスキャンするとプログラムページが開き、JavaScriptでプログラミングできる。

今回のプロジェクトでは、そのobnizを使って、ディープラーニングや機械学習の技術を活用したロボットを作成する「AIロボットキット」と、遠隔から家電を制御する「IoTホームキット」が登場し、出資を募っている。

AIロボットキットは、キットにスマートフォンをセットしてプログラムをスマートフォンで動作させることができる。TensorflowやOpenCVを使った物体の識別や、線に沿った走行も可能だ。また、自ら用意した画像を認識し、ボールや犬などを追いかけるロボットも作成できる。AIスピーカーやTwitterとの連携にも対応している。

IoTホームキットでは、家電の遠隔制御や、さまざまな条件による自動制御ができる。未読メールがある時や、雨予報の時だけキット付属の旗を上げたり、トイレの利用状況をWebページで確認するなど、IoT化を自分自身の手で行うことができる。

同キットのクラウドファンディング期間は2018年12月3日まで。AIロボットキットは、Obnizと2軸モーターロボット、距離センサー、および Web上でのブロックプログラムまたはJavaScriptプログラムをセットした「8000円コース」などを提供。

また、IoTホームキットは、Obnizとサーボモーター、赤外線送受信機、距離センサー、ダンボールボディ、および Web上でのブロックプログラムまたはJavaScriptプログラムをセットにした「9000円コース」などを用意している(いずれも税込)。2018年12月末までに出荷する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る