新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」

IoTコントロールボード「obniz」を使って、AIを活用したロボットやIoTデバイスを作成できるキットがMakuakeでプロジェクトを開始した。

obnizは、使用したいモーターやセンサーをつなぎWi-Fiに接続することで、インターネット経由でさまざまな言語や環境からハードウェアを簡単に制御できるIoTコントロールボードだ。本体ディスプレイに表示されるQRコードをスマートフォンでスキャンするとプログラムページが開き、JavaScriptでプログラミングできる。

今回のプロジェクトでは、そのobnizを使って、ディープラーニングや機械学習の技術を活用したロボットを作成する「AIロボットキット」と、遠隔から家電を制御する「IoTホームキット」が登場し、出資を募っている。

AIロボットキットは、キットにスマートフォンをセットしてプログラムをスマートフォンで動作させることができる。TensorflowやOpenCVを使った物体の識別や、線に沿った走行も可能だ。また、自ら用意した画像を認識し、ボールや犬などを追いかけるロボットも作成できる。AIスピーカーやTwitterとの連携にも対応している。

IoTホームキットでは、家電の遠隔制御や、さまざまな条件による自動制御ができる。未読メールがある時や、雨予報の時だけキット付属の旗を上げたり、トイレの利用状況をWebページで確認するなど、IoT化を自分自身の手で行うことができる。

同キットのクラウドファンディング期間は2018年12月3日まで。AIロボットキットは、Obnizと2軸モーターロボット、距離センサー、および Web上でのブロックプログラムまたはJavaScriptプログラムをセットした「8000円コース」などを提供。

また、IoTホームキットは、Obnizとサーボモーター、赤外線送受信機、距離センサー、ダンボールボディ、および Web上でのブロックプログラムまたはJavaScriptプログラムをセットにした「9000円コース」などを用意している(いずれも税込)。2018年12月末までに出荷する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る