新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」

IoTコントロールボード「obniz」を使って、AIを活用したロボットやIoTデバイスを作成できるキットがMakuakeでプロジェクトを開始した。

obnizは、使用したいモーターやセンサーをつなぎWi-Fiに接続することで、インターネット経由でさまざまな言語や環境からハードウェアを簡単に制御できるIoTコントロールボードだ。本体ディスプレイに表示されるQRコードをスマートフォンでスキャンするとプログラムページが開き、JavaScriptでプログラミングできる。

今回のプロジェクトでは、そのobnizを使って、ディープラーニングや機械学習の技術を活用したロボットを作成する「AIロボットキット」と、遠隔から家電を制御する「IoTホームキット」が登場し、出資を募っている。

AIロボットキットは、キットにスマートフォンをセットしてプログラムをスマートフォンで動作させることができる。TensorflowやOpenCVを使った物体の識別や、線に沿った走行も可能だ。また、自ら用意した画像を認識し、ボールや犬などを追いかけるロボットも作成できる。AIスピーカーやTwitterとの連携にも対応している。

IoTホームキットでは、家電の遠隔制御や、さまざまな条件による自動制御ができる。未読メールがある時や、雨予報の時だけキット付属の旗を上げたり、トイレの利用状況をWebページで確認するなど、IoT化を自分自身の手で行うことができる。

同キットのクラウドファンディング期間は2018年12月3日まで。AIロボットキットは、Obnizと2軸モーターロボット、距離センサー、および Web上でのブロックプログラムまたはJavaScriptプログラムをセットした「8000円コース」などを提供。

また、IoTホームキットは、Obnizとサーボモーター、赤外線送受信機、距離センサー、ダンボールボディ、および Web上でのブロックプログラムまたはJavaScriptプログラムをセットにした「9000円コース」などを用意している(いずれも税込)。2018年12月末までに出荷する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る