新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitプログラミング実習用ソフトウェア「TLC」

micro:bitプログラミング実習用ソフトウェア「TLC(Touch Logic Control)」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

micro:bitは、2012年からBBC(英国放送協会)が中心となって子供向けに開発した学校教育目的のシングルボードコンピューター。TLCは、micro:bitの動作をWindows PC上でシミュレートできるようにするためのソフトウェアだ。ブレッドボード工作をPC上でシミュレートできるWindowsアプリ「Virtual Breadboard」の開発者が、自身の子供たちにプログラミングについて教えるために開発したものだ。

Touch Logic Control (TLC)

「TLC Firmware」をmicro:bitにロードし、PC側にVirtual Breadboardをインストールして実行すると、Virtual Breadboardがmicro:bitのセンサー値を読み取りプログラムした動作を実行する。例えば、加速度センサーの値を読み取りその値に従ってLEDの表示を変えるようにプログラムしておき、micro:bitを手で振るとセンサーからの値を読み取ってVirtual Breadboard画面上でLED表示が変わる。

Touch Logic Control (TLC)

Virtual Breadboardの対応OSはWindows10で、Microsoft Storeから無料でインストールできる。TLCはmicro:bitを使った実習の際に、教師から子供たちへ、あるいは、子供たちがお互いにmicro:bitのプログラミングを教えるのに適したツールと言えるだろう。

TLC Firmwareの価格は、15ユーロ(約1900円)。提供開始は2018年11月の予定だ。TLCは500ユーロ(約6万5000円)を目標に、2018年10月31日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る