新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドイツのフラウンホーファー協会、FFF方式3Dプリンターで超硬合金を造形できるフィラメントを開発

ドイツ・ドレスデンのフラウンホーファー協会IKTS(セラミック技術/システム)研究所は、金属加工用工具などに使用される超硬合金を、一般的なFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンターで作成するプロセスを開発した。

金属の成形や切断に使用される超硬工具は非常に硬く、一般的にニッケルまたはコバルトの金属バインダー(結合剤)を添加したタングステンカーバイドの粉末を使い、一軸加圧成形や冷間等方圧プレスすることで製造されている。しかしこのプロセスは高度な後処理を必要とするうえ、複雑な形状の部品製造が困難という課題がある。

今回IKTS研究所は、有機バインダーを用いた超硬合金粉末からFFF方式3Dプリンター用のフィラメントの製造に成功した。材料構造に応じて超硬合金粒度や有機バインダーの含有量を調整することで、硬度、圧縮および曲げ強さを増加させることができるという。

IKTSのハードメタル/サーメットグループの責任者JohannesPötschke博士は、「このフィラメントにより、標準的な3Dプリンターを使って超硬合金を造形できる。結合剤含有量は8%と非常に低く、粒径は0.8μm以下で、その結果ビッカース硬さ1700HV10と非常に高い値を実現できた」と説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る