新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドイツのフラウンホーファー協会、FFF方式3Dプリンターで超硬合金を造形できるフィラメントを開発

ドイツ・ドレスデンのフラウンホーファー協会IKTS(セラミック技術/システム)研究所は、金属加工用工具などに使用される超硬合金を、一般的なFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンターで作成するプロセスを開発した。

金属の成形や切断に使用される超硬工具は非常に硬く、一般的にニッケルまたはコバルトの金属バインダー(結合剤)を添加したタングステンカーバイドの粉末を使い、一軸加圧成形や冷間等方圧プレスすることで製造されている。しかしこのプロセスは高度な後処理を必要とするうえ、複雑な形状の部品製造が困難という課題がある。

今回IKTS研究所は、有機バインダーを用いた超硬合金粉末からFFF方式3Dプリンター用のフィラメントの製造に成功した。材料構造に応じて超硬合金粒度や有機バインダーの含有量を調整することで、硬度、圧縮および曲げ強さを増加させることができるという。

IKTSのハードメタル/サーメットグループの責任者JohannesPötschke博士は、「このフィラメントにより、標準的な3Dプリンターを使って超硬合金を造形できる。結合剤含有量は8%と非常に低く、粒径は0.8μm以下で、その結果ビッカース硬さ1700HV10と非常に高い値を実現できた」と説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る