新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドイツのフラウンホーファー協会、FFF方式3Dプリンターで超硬合金を造形できるフィラメントを開発

ドイツ・ドレスデンのフラウンホーファー協会IKTS(セラミック技術/システム)研究所は、金属加工用工具などに使用される超硬合金を、一般的なFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンターで作成するプロセスを開発した。

金属の成形や切断に使用される超硬工具は非常に硬く、一般的にニッケルまたはコバルトの金属バインダー(結合剤)を添加したタングステンカーバイドの粉末を使い、一軸加圧成形や冷間等方圧プレスすることで製造されている。しかしこのプロセスは高度な後処理を必要とするうえ、複雑な形状の部品製造が困難という課題がある。

今回IKTS研究所は、有機バインダーを用いた超硬合金粉末からFFF方式3Dプリンター用のフィラメントの製造に成功した。材料構造に応じて超硬合金粒度や有機バインダーの含有量を調整することで、硬度、圧縮および曲げ強さを増加させることができるという。

IKTSのハードメタル/サーメットグループの責任者JohannesPötschke博士は、「このフィラメントにより、標準的な3Dプリンターを使って超硬合金を造形できる。結合剤含有量は8%と非常に低く、粒径は0.8μm以下で、その結果ビッカース硬さ1700HV10と非常に高い値を実現できた」と説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る