新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メカトラックス、3キャリア対応のRaspberry Pi用4G通信モジュール「4GPi」発売

メカトラックスは、4G(LTE)通信モジュール「4GPi」(フォージーパイ)を2018年11月1日に発売する。

photo

4GPiは、同社のRaspberry Pi用携帯電話モジュール「3GPi」(スリージーパイ)の後継機で、LTE Cat.4(下り最大150Mbps、上り最大50Mbps)の通信デバイス(SIMCOM製 SIM7600)を搭載する通信モジュールだ。発売時点では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク各社MVNOでの接続となるが、2018年度中にはキャリアIOT(inter-operability testing、相互接続性試験)を完了する予定としている。

photo

技適取得済アンテナを搭載し、前モデル同様ピンヘッダ経由で電源を供給する方式だ。Raspberry Piの標準OS「Raspbian」向けの専用ツールを同梱しているため、セットアップも容易に行える。専用ツールインストール済みのRaspbian OSイメージも提供する。

photo

4GPiは、Raspberry Piのピンヘッダにスタックして使用するが、GPIOピンの割り当てをジャンパピンで切り替えできるため、拡張基板を併用する場合に発生する競合を回避できるとしている。同社のRaspberry Pi用機能拡張基板「slee-Pi(電源管理/死活監視)」「ADPi(高精度ADC)」との併用も可能で、従来の開発資産も継承できる。

photo

価格は2万5000円(税別)、スイッチサイエンスおよびAmazonの各サイトで販売する予定だ。また、2018年10月24~26日に幕張メッセで開催される「IoT/M2M展」(NTTコミュニケーションズブース)に出展するとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る