新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メカトラックス、3キャリア対応のRaspberry Pi用4G通信モジュール「4GPi」発売

メカトラックスは、4G(LTE)通信モジュール「4GPi」(フォージーパイ)を2018年11月1日に発売する。

photo

4GPiは、同社のRaspberry Pi用携帯電話モジュール「3GPi」(スリージーパイ)の後継機で、LTE Cat.4(下り最大150Mbps、上り最大50Mbps)の通信デバイス(SIMCOM製 SIM7600)を搭載する通信モジュールだ。発売時点では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク各社MVNOでの接続となるが、2018年度中にはキャリアIOT(inter-operability testing、相互接続性試験)を完了する予定としている。

photo

技適取得済アンテナを搭載し、前モデル同様ピンヘッダ経由で電源を供給する方式だ。Raspberry Piの標準OS「Raspbian」向けの専用ツールを同梱しているため、セットアップも容易に行える。専用ツールインストール済みのRaspbian OSイメージも提供する。

photo

4GPiは、Raspberry Piのピンヘッダにスタックして使用するが、GPIOピンの割り当てをジャンパピンで切り替えできるため、拡張基板を併用する場合に発生する競合を回避できるとしている。同社のRaspberry Pi用機能拡張基板「slee-Pi(電源管理/死活監視)」「ADPi(高精度ADC)」との併用も可能で、従来の開発資産も継承できる。

photo

価格は2万5000円(税別)、スイッチサイエンスおよびAmazonの各サイトで販売する予定だ。また、2018年10月24~26日に幕張メッセで開催される「IoT/M2M展」(NTTコミュニケーションズブース)に出展するとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  8. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  9. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  10. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る