新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メカトラックス、3キャリア対応のRaspberry Pi用4G通信モジュール「4GPi」発売

メカトラックスは、4G(LTE)通信モジュール「4GPi」(フォージーパイ)を2018年11月1日に発売する。

photo

4GPiは、同社のRaspberry Pi用携帯電話モジュール「3GPi」(スリージーパイ)の後継機で、LTE Cat.4(下り最大150Mbps、上り最大50Mbps)の通信デバイス(SIMCOM製 SIM7600)を搭載する通信モジュールだ。発売時点では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク各社MVNOでの接続となるが、2018年度中にはキャリアIOT(inter-operability testing、相互接続性試験)を完了する予定としている。

photo

技適取得済アンテナを搭載し、前モデル同様ピンヘッダ経由で電源を供給する方式だ。Raspberry Piの標準OS「Raspbian」向けの専用ツールを同梱しているため、セットアップも容易に行える。専用ツールインストール済みのRaspbian OSイメージも提供する。

photo

4GPiは、Raspberry Piのピンヘッダにスタックして使用するが、GPIOピンの割り当てをジャンパピンで切り替えできるため、拡張基板を併用する場合に発生する競合を回避できるとしている。同社のRaspberry Pi用機能拡張基板「slee-Pi(電源管理/死活監視)」「ADPi(高精度ADC)」との併用も可能で、従来の開発資産も継承できる。

photo

価格は2万5000円(税別)、スイッチサイエンスおよびAmazonの各サイトで販売する予定だ。また、2018年10月24~26日に幕張メッセで開催される「IoT/M2M展」(NTTコミュニケーションズブース)に出展するとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る