新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プログラミング環境/言語をアップデート——技術評論社、「これからはじめるプログラミング基礎の基礎」改訂第3版発刊へ

技術評論社は、「これからはじめるプログラミング基礎の基礎」改訂第3版を2018年11月2日に刊行する予定だ。

改訂第3版では、この本で特に重要な「物の例え」を見直した他、取り上げたプログラミング環境/言語をアップデートし、より理解しやすくなるよう配慮している。

全3部12章構成。第1部「プログラミングへの招待」では、コンピューターの種類やその用途から始まり、プログラミングについての概説やプログラムができるまでのステップ、処理の流れなどについて解説する。

また、第2部「プログラミングの基礎知識」ではデータ型など変数全般について、計算誤差が発生する仕組み、そしてプログラムの流れ(条件分岐、繰り返し構造)や配列処理、関数、引数や戻り値などについて解説する。

さらに、第3部「次のステージへ」では、プログラムのみならずアプリケーションについての解説や、用途ごとに異なるプログラム言語の種類、さらにはエラーの見つけ方やプログラマーの心得などについて解説する。

著者は谷尻かおり氏、監修は谷尻豊寿氏。A5判304ページで、定価は2380円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る