新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AI活用時のデータ取得/処理に最適——データロギング×エッジコンピューティング端末「SENSPIDER」

マクニカがインダストリアルIoT(IIoT)市場向けに、データロギング×エッジコンピューティング端末「SENSPIDER(センスパイダー)」を開発。注文受け付けを2018年11月1日に開始する予定だ。

SENSPIDERは、広帯域振動センサーなどのアナログセンサーデータを取得し、その場でAIの解析/判定結果を出力する。

機械のコンディションモニタリングに必要な5つの機能(センサー用アンプ/データロガー/コンピューティング端末/センサー用電源/外部通信インタフェース)を1つのユニットに集約しており、AI活用に必要なデータを抽出してロギング可能だ。

また、3種類のインタフェースカード(高速振動センサー/汎用センサー/温度センサー)を組み合わせ、最大8chまで任意のセンサーインタフェースにカスタマイズできる。 さらに、エッジコンピューティング用プロセッサーを搭載しているため、AIアルゴリズムなどのデータエッジ処理機能の拡張も可能だ。

本体寸法は150×85×100mmで、装置への組み込みも可能だ。SENSPIDERを組み込むことで、AIを活用した異常検知/予知保全機能などの追加開発を短期間/低コストで実行できる。

マクニカはユースケースとして、工作機械/産業機械メーカーにおける、異常検知/予知保全などのファンクション開発時の装置への組み込み用途や、製造業のスマートファクトリー化における、装置のデジタル化や異常検知/予知保全などの導入用途を挙げている。

同社は今後、SENSPIDERとIoT/AI関連の各種サービス、ソリューションを組み合わせ、工作機械/産業機械メーカー、製造業の課題解決を支援していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る