新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AI活用時のデータ取得/処理に最適——データロギング×エッジコンピューティング端末「SENSPIDER」

マクニカがインダストリアルIoT(IIoT)市場向けに、データロギング×エッジコンピューティング端末「SENSPIDER(センスパイダー)」を開発。注文受け付けを2018年11月1日に開始する予定だ。

SENSPIDERは、広帯域振動センサーなどのアナログセンサーデータを取得し、その場でAIの解析/判定結果を出力する。

機械のコンディションモニタリングに必要な5つの機能(センサー用アンプ/データロガー/コンピューティング端末/センサー用電源/外部通信インタフェース)を1つのユニットに集約しており、AI活用に必要なデータを抽出してロギング可能だ。

また、3種類のインタフェースカード(高速振動センサー/汎用センサー/温度センサー)を組み合わせ、最大8chまで任意のセンサーインタフェースにカスタマイズできる。 さらに、エッジコンピューティング用プロセッサーを搭載しているため、AIアルゴリズムなどのデータエッジ処理機能の拡張も可能だ。

本体寸法は150×85×100mmで、装置への組み込みも可能だ。SENSPIDERを組み込むことで、AIを活用した異常検知/予知保全機能などの追加開発を短期間/低コストで実行できる。

マクニカはユースケースとして、工作機械/産業機械メーカーにおける、異常検知/予知保全などのファンクション開発時の装置への組み込み用途や、製造業のスマートファクトリー化における、装置のデジタル化や異常検知/予知保全などの導入用途を挙げている。

同社は今後、SENSPIDERとIoT/AI関連の各種サービス、ソリューションを組み合わせ、工作機械/産業機械メーカー、製造業の課題解決を支援していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る