新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブレッドボードを差すだけ、4~24Vに対応の携帯型パワーサプライ「MEGO」

電子工作向けの携帯型パワーサプライ「MEGO」がKickstarterで出資を募っている。

本体サイズは73×59×32mmで、マウスと同程度の大きさ。出力電圧は4~24Vの範囲で設定可能。定格電力は6W、短絡保護機能を備える。

photo

ブレッドボードを直接差し込んだり、みの虫クリップを使ってプリント基板と接続したりすることで、電気を供給できる。

photo
photo
photo
photo

MEGOのバッテリーを充電する際には、micro USBコネクタを利用する。スマートフォンなどの充電用バッテリーパックとして使うことも、電圧計として使用することも可能だ。

MEGOは、Kickstarter上の早期割引価格で55カナダドル(約4700円)で入手できる。日本への送料は10カナダドル(約850円)。2019年3月の出荷予定だ。

プロジェクト期間は2018年12月8日まで。目標金額1万3000カナダドル(約110万円)に対して、11月21日時点で約1万400カナダドル(約89万円)が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る