新しいものづくりがわかるメディア

RSS


匂いVRデバイス「VAQSO VR(Dev Kit)」発売——ホットコーヒーからゾンビまでVRコンテンツから匂いが出せる

VAQSO(読み:ばくそー)は、VR体験に匂いを加えるデバイス「VAQSO VR(Dev kit)」を、VR開発者向けに発売した。

photo

VAQSO VRは、各種VRヘッドセット下部に装着することで、VR映像と連動してさまざまな匂いを出すことができるデバイスだ。映像と匂いを同時に感じさせるような、よりリアリティの高いVRコンテンツの開発が可能になる。

photo

匂いの種類は、海や森などの環境系、コーヒーやカレーなどの飲食物系、その他ゾンビやミント、花束など合計15種類のカートリッジを用意し、今後さらに拡充する予定だ。本体には最大5種類のカートリッジを装着することができる。法人向けに匂いのオーダーメイド開発も行う。

VRヘッドセットとはBluetoothまたはUSBケーブルで接続。VRコンテンツ中で匂いを切り替えたり強弱をつけたり、瞬時に消したりするAPI(UNITY)を提供する。

photo

VAQSO VR(Dev kit)は、本体の他にカートリッジを5個、匂いリペアボトルを5個で、999ドル(税、送料別)で、同社サイトから購入できる。本体サイズは30×147×83mm、重量が125gだ。

また同社は、LVMH系高級香水ブランド「Maison Francis Kurkdjian(メゾン フランシス クルジャン)」のマスターパフューマーであるフランシス・クルジャン氏がアドバイザーに就任したことを発表した。同氏の助言を最大限生かしながら、製品開発、サービス拡充に取り組んでいくという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る