新しいものづくりがわかるメディア

RSS


匂いVRデバイス「VAQSO VR(Dev Kit)」発売——ホットコーヒーからゾンビまでVRコンテンツから匂いが出せる

VAQSO(読み:ばくそー)は、VR体験に匂いを加えるデバイス「VAQSO VR(Dev kit)」を、VR開発者向けに発売した。

photo

VAQSO VRは、各種VRヘッドセット下部に装着することで、VR映像と連動してさまざまな匂いを出すことができるデバイスだ。映像と匂いを同時に感じさせるような、よりリアリティの高いVRコンテンツの開発が可能になる。

photo

匂いの種類は、海や森などの環境系、コーヒーやカレーなどの飲食物系、その他ゾンビやミント、花束など合計15種類のカートリッジを用意し、今後さらに拡充する予定だ。本体には最大5種類のカートリッジを装着することができる。法人向けに匂いのオーダーメイド開発も行う。

VRヘッドセットとはBluetoothまたはUSBケーブルで接続。VRコンテンツ中で匂いを切り替えたり強弱をつけたり、瞬時に消したりするAPI(UNITY)を提供する。

photo

VAQSO VR(Dev kit)は、本体の他にカートリッジを5個、匂いリペアボトルを5個で、999ドル(税、送料別)で、同社サイトから購入できる。本体サイズは30×147×83mm、重量が125gだ。

また同社は、LVMH系高級香水ブランド「Maison Francis Kurkdjian(メゾン フランシス クルジャン)」のマスターパフューマーであるフランシス・クルジャン氏がアドバイザーに就任したことを発表した。同氏の助言を最大限生かしながら、製品開発、サービス拡充に取り組んでいくという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る