新しいものづくりがわかるメディア

RSS


匂いVRデバイス「VAQSO VR(Dev Kit)」発売——ホットコーヒーからゾンビまでVRコンテンツから匂いが出せる

VAQSO(読み:ばくそー)は、VR体験に匂いを加えるデバイス「VAQSO VR(Dev kit)」を、VR開発者向けに発売した。

photo

VAQSO VRは、各種VRヘッドセット下部に装着することで、VR映像と連動してさまざまな匂いを出すことができるデバイスだ。映像と匂いを同時に感じさせるような、よりリアリティの高いVRコンテンツの開発が可能になる。

photo

匂いの種類は、海や森などの環境系、コーヒーやカレーなどの飲食物系、その他ゾンビやミント、花束など合計15種類のカートリッジを用意し、今後さらに拡充する予定だ。本体には最大5種類のカートリッジを装着することができる。法人向けに匂いのオーダーメイド開発も行う。

VRヘッドセットとはBluetoothまたはUSBケーブルで接続。VRコンテンツ中で匂いを切り替えたり強弱をつけたり、瞬時に消したりするAPI(UNITY)を提供する。

photo

VAQSO VR(Dev kit)は、本体の他にカートリッジを5個、匂いリペアボトルを5個で、999ドル(税、送料別)で、同社サイトから購入できる。本体サイズは30×147×83mm、重量が125gだ。

また同社は、LVMH系高級香水ブランド「Maison Francis Kurkdjian(メゾン フランシス クルジャン)」のマスターパフューマーであるフランシス・クルジャン氏がアドバイザーに就任したことを発表した。同氏の助言を最大限生かしながら、製品開発、サービス拡充に取り組んでいくという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る