新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、Arm Cortex-M0+を搭載した「STM32L0x0バリュー・ライン」を発売

STマイクロエレクトロニクスは、超低消費電力32bitマイクロコントローラー「STM32L0」シリーズに、Arm Cortex-M0+プロセッサを搭載した「STM32L0x0バリュー・ライン」を追加した。

STM32L0x0バリュー・ラインは、Arm Cortex-M0+プロセッサを搭載することで、効率的なパフォーマンスと超低消費電力を両立。また、最大128KBのFlashメモリーと最大20KBのSRAM、最大512バイトのEEPROMを搭載でき、外部部品の削減や基板面積、部品コストの低減が可能になるという。

同製品ラインは、同社独自の省電力低リークプロセスを採用すると共に、超低消費電流ADコンバーター(10ksps時41μA)や低電力UART、低電力タイマーなどの低消費電力の周辺機器を搭載。RTCやRAMのデータを保持しながら670nAまで消費電力を落とすことができ、省電力モードからは5μ秒で高速復帰する。

製造コストやサイズの制約が厳しいフィットネス機器やコンピュータ、ゲーム機器用のアクセサリー、リモコンなど、また、個人用医療機器や産業用センサー、各種IoT機器向け用途に適しているという。

Flashメモリーは16/64/128KB、EEPROMは128/256/512Byteの6品種があり、現在すでに量産中。大量購入時の単価が約0.32ドルからとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. お座りや伏せができる——リアルな犬のアクションフィギュア「スタイリッシュ ワンワン」
  3. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  4. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  5. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. KiCad 5.1攻略本が付属——CQ出版、「トランジスタ技術2019年8月号」発刊へ
  8. LED線光線で高精細スキャンニング——ジュエリー用3Dスキャナー「D3D-s」
  9. 「企業内メイカースペースは、社内外の垣根を越え、つながりを作る」Microsoft、Googleの取り組み
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る