新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RIZE、産業用フルカラーデスクトップ3Dプリンター「XRIZE」を発表

米RIZEは、産業用フルカラーデスクトップ3Dプリンター「XRIZE」を発表した。特許取得済みの拡張ポリマー積層(Augmented Polymer Deposition)方式により、ボクセルレベルでフルカラーの熱可塑性プラスチック部品を製造できる。

XRIZEは、同社のデスクトップ3Dプリンター「RIZE ONE」の次世代機に当たるフルカラー3Dプリンター。本体サイズは647×915×535mmで、重量は約62kgだ。

XRIZE

XRIZEは、エンジニアグレードの熱可塑性樹脂を押し出し、工業用レベルのインクジェットプリントヘッドでシアン(C)/マゼンタ(M)/イエロー(Y)/ブラック(K)インクを同時に噴射してフルカラーの部品を3Dプリントする。また、リリース用インクをCMYKインク用とは別の管から部品とサポート材との間に噴射するので、部品からサポート材を素早く取り外しできる。

ノズル径は0.4mmで、造形サイズは310×200×200mm。レイヤー厚は0.25mmまたは0.125mmで、レイヤー厚0.125mm時のXY解像度は300dpi、Z解像度は200dpiだ。

XRIZE
XRIZE

プリント中の造形チャンバー温度は53℃。XRIZEは開閉センサーを備えており、カバーは自動ロック機能付きだ。本体には5インチタッチスクリーンやプリントデータファイル保存用領域を装備。イーサネット接続(10/100Mbps)が可能で、USBメモリ用のUSB Type Aポートも備えている。プリント中にPCやインターネットと接続する必要はなく、スタンドアローンで動作する。

対応フィラメントは、同社開発の「RIZIUM CARBON」、「RIZIUM ENDURA」、「RIZIUM ONE」、「RIZIUM BLACK」。RIZIUM CARBONは炭素繊維で強化されており、製造業でのプロトタイプ製作などに適している。繊維強化フィラメントであるRIZIUM ENDURAは衝撃強度が高く、大きい部品の製造に適する。RIZIUM ONEとRIZIUM BLACKはレイヤー間結合力が高く吸水率0.01%未満なので、安定した造形物をプリントできる。インクは、CMYKインクおよびマーキングインクに対応する。

RIZIUM CARBON RIZIUM CARBON
RIZIUM ENDURA RIZIUM ENDURA
RIZIUM ONE and RIZIUM BLACK RIZIUM ONE & RIZIUM BLACK

また、ソフトウェア「RIZE ONETOUCH」を使用すると、テキストや画像、二次元バーコードを部品にプリントできる。ファイル形式は、stl/obj/3mf/ply/vrml/fbxなどに対応。SOLIDWORKSプラグインを使うとCADモデルを直接インポートすることも可能だ。

RIZE ONETOUCH

XRIZEの北米地域向け価格は5万5000ドル(約620万円)、北米地域以外向けの価格は5万5000ユーロ(約700万円)だ。2018年12月14日まで特別オファーを提供中で、同社のウェブサイトでXRIZE1台を先行予約するとRIZE ONE1台を無料でセット購入できる。XRIZEの出荷は2019年前半の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る