新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LPWAセンサーデバイスの開発に塩化チオニルリチウム電池を活用——電源回路評価ボード「EB100」

アイエスエイは、LPWAを採用するセンサーデバイス開発用として、塩化チオニルリチウム電池を利用した電源回路開発評価キット「EB100」を2018年12月1日から発売する。

EB100は、LoRaやSigfoxなどのLPWAセンサーデバイスで塩化チオニルリチウム電池を有効に用い、間欠動作で10年以上稼働する電源回路を開発するためのキットとなる。通常は数年で電池交換が必要な機器も、EB100を利用することで、稼働時間を飛躍的に延ばす電源回路の開発が可能となる。

なお同キットは、同社が2018年6月に発売を開始した「ももことあやか」に採用されたWD100シリーズの電源回路設計を基に製作されている。

塩化チオニルリチウム電池と、電気二重層キャパシタの組み合わせ使用を想定した回路(WD100開発時の回路)を搭載しており、間欠動作を実現するためキャパシタへの効率的充電回路と制御回路を内蔵している。

メインCPUから回路を制御するためのインターフェースを内蔵。超低電流計測のためのデジタル表示計測モジュールが付属する。LPWA送信デバイスにより、間欠送信時の消費電力を詳細に把握可能だ。

フリースペースも設けてあり、ターゲットデバイスや周辺回路の開発/実験に利用できる。そのほか、各種計測装置を利用した開発を想定し、数多くのテストポイントを用意している。

価格は16万8000円(税別)で、エムネットを通じて販売する。 キットには超低電流計測モジュール×1、塩化チオニルリチウム電池(A3タイプ)×3、ACアダプター×1、接続用ハーネス×3、USBインターフェースケーブル×1、回路図および説明書各1冊が付属する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る