新しいものづくりがわかるメディア

RSS


塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」

液体金属「VeroMetal AQUA」が、Makuakeにて出資を募っている。

VeroMetal AQUAは水性の液体金属で、DIYやプラモデル/アクセサリーなど小物への塗布が可能だ。3Dプリンターによる造形物へ使用することで、金属の質感を持ったモデルが製作でき、金属加工に比べて手軽な造形やさまざまな表現へと応用できる。なお、表面素材は金属層のため、屋外での使用も可能だ。

プラスチックや木材などの表面を金属化できる液体金属としては「Felight」が2015年に製品化されており、VeroMetal AQUAは第二弾にあたる。

塗布は、混ぜる/塗る/磨くの3ステップで完了する。キット内容は、金属粉/樹脂/スチールウールで、塗るためのスポンジなどは別途用意が必要だ。

正味量は50gで、塗布できる面積の目安は0.03平方メートル(約スマホケース2個分)。乾燥時間は約48時間で、カラーは5種類(青銅、銅、鉄、真鍮、錫)を用意している。

通常販売価格は5種類セットで1万2400円。Makuakeでは、30%オフとなる8600円(税込)で購入できるプランなどを用意している。

VeroMetal AQUAは2019年3月26日までクラウドファンディング中だ。目標金額30万円に対し、2018年11月30日時点で21万円以上が集まっている。2019年4月末までに発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る