新しいものづくりがわかるメディア

RSS


German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売

German RepRapは、高粘性の液体シリコンゴム(LSR)などを素材として積層造形できる新技術LAM(Liquid Additive Manufacturing)方式3Dプリンター「L280」を発売した。

photo

同社によれば、LAM技術によって分子レベルでの架橋が可能になり、従来の射出成型よりも強度を高めることができるという。十字型、格子、ハニカム構造など、様々な特性を示す造形物を高精度に造形することができる。

photo

LAM方式向けのプリントヘッドは新規に専用設計され、材料の混合比をレイヤーごとに正確に調整できる。また、ハロゲンランプを使用した熱架橋により、印刷時間を短縮させている。

photo

対応するソフトウェアは、Simplify3Dで、タッチディスプレイを使ったスタンドアローン印刷のほかに、イーサネットやWLANなどのネットワーク接続を使ったブラウザベースの制御やウェブカメラによる監視も可能だ。

photo

造形サイズは最大280×280×200mm、積層ピッチは220~900μm。ノズル径は0.23、0.4、0.8mmから選べる。印刷速度は毎秒10~150mmでXY精度は0.1mm。外寸はカートリッジシステム搭載時が700×700×2040mm、マテリアルペール搭載時が700×700×2260mm。重量は材料を除いた状態で120kgだ。

photo

なお現時点で対応する素材は、Dow CorningのLAM方式用液体シリコンゴム「LC 3335 Liquid Silicone Rubber」となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る