新しいものづくりがわかるメディア

RSS


German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売

German RepRapは、高粘性の液体シリコンゴム(LSR)などを素材として積層造形できる新技術LAM(Liquid Additive Manufacturing)方式3Dプリンター「L280」を発売した。

photo

同社によれば、LAM技術によって分子レベルでの架橋が可能になり、従来の射出成型よりも強度を高めることができるという。十字型、格子、ハニカム構造など、様々な特性を示す造形物を高精度に造形することができる。

photo

LAM方式向けのプリントヘッドは新規に専用設計され、材料の混合比をレイヤーごとに正確に調整できる。また、ハロゲンランプを使用した熱架橋により、印刷時間を短縮させている。

photo

対応するソフトウェアは、Simplify3Dで、タッチディスプレイを使ったスタンドアローン印刷のほかに、イーサネットやWLANなどのネットワーク接続を使ったブラウザベースの制御やウェブカメラによる監視も可能だ。

photo

造形サイズは最大280×280×200mm、積層ピッチは220~900μm。ノズル径は0.23、0.4、0.8mmから選べる。印刷速度は毎秒10~150mmでXY精度は0.1mm。外寸はカートリッジシステム搭載時が700×700×2040mm、マテリアルペール搭載時が700×700×2260mm。重量は材料を除いた状態で120kgだ。

photo

なお現時点で対応する素材は、Dow CorningのLAM方式用液体シリコンゴム「LC 3335 Liquid Silicone Rubber」となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る