新しいものづくりがわかるメディア

RSS


German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売

German RepRapは、高粘性の液体シリコンゴム(LSR)などを素材として積層造形できる新技術LAM(Liquid Additive Manufacturing)方式3Dプリンター「L280」を発売した。

photo

同社によれば、LAM技術によって分子レベルでの架橋が可能になり、従来の射出成型よりも強度を高めることができるという。十字型、格子、ハニカム構造など、様々な特性を示す造形物を高精度に造形することができる。

photo

LAM方式向けのプリントヘッドは新規に専用設計され、材料の混合比をレイヤーごとに正確に調整できる。また、ハロゲンランプを使用した熱架橋により、印刷時間を短縮させている。

photo

対応するソフトウェアは、Simplify3Dで、タッチディスプレイを使ったスタンドアローン印刷のほかに、イーサネットやWLANなどのネットワーク接続を使ったブラウザベースの制御やウェブカメラによる監視も可能だ。

photo

造形サイズは最大280×280×200mm、積層ピッチは220~900μm。ノズル径は0.23、0.4、0.8mmから選べる。印刷速度は毎秒10~150mmでXY精度は0.1mm。外寸はカートリッジシステム搭載時が700×700×2040mm、マテリアルペール搭載時が700×700×2260mm。重量は材料を除いた状態で120kgだ。

photo

なお現時点で対応する素材は、Dow CorningのLAM方式用液体シリコンゴム「LC 3335 Liquid Silicone Rubber」となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る