新しいものづくりがわかるメディア

RSS


測定精度を高め、較正時間を削減する——STマイクロ、小型MEMS大気圧センサー「LPS22HH」発表

STマイクロエレクトロニクスは、ピエゾ抵抗式のMEMS大気圧センサー「LPS22HH」を発表した。

LPS22HHは、高低差5cmに相当する低ノイズが特徴で、ドローンや無人機向けの衝突回避といった制御機能を強化できる。動作保証範囲は-40~85℃、絶対圧力の測定範囲は260〜1260hPaで、スマートフォンやスポーツウォッチの屋内ナビゲーション機能などの強化も可能だ。

温度補正機能を内蔵しており、ホストマイコンやアプリケーションプロセッサーの負荷を軽減し、動作温度範囲全体にわたり消費電力の削減とスムーズな動作を可能とする。

パワーダウンモード(0.9µA)をはじめとする省電力機能のほか、低消費電流(1Hz時:4µA)と温度補正機能により、バッテリーの長時間駆動に貢献する。

I2C/SPIに加え、2線センサーバスインタフェースのMIPI I3CSMにも対応。また、センサーデータ保存用の大容量FIFOにより、ホストマイコンの処理を最小限に抑えられる。

LPS22HHは現在量産中で、10リードHLGAパッケージ(2×2×0.73mm)での提供となる。単価は大量購入時で約1.55ドル(約180円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る