新しいものづくりがわかるメディア

RSS


空中にモチーフを描いて立体を作る——子供用3Dプリンターペン「myFirst 3DPen」

Oaxis Japanは、3Dプリンターペン「myFirst 3DPen」を発売した。

myFirst 3DPenは、日常的に絵を描き立体化させることで、子供の創造性と知覚力を育むことを目的とした製品だ。低温で加熱したプラスチック(フィラメント)を押し出し、急速に冷やすことで立体を造形する。

操作方法はシンプルで、小さな子供でも簡単に利用できる。本体後部からフィラメントを差し込んだ後に加熱ボタンを押すと、約30秒でフィラメントを抽出する。同じボタンを2回押すだけで、余ったフィラメントを取り出して交換できる。

本体には熱気口があるため、フィラメントを加熱しても本体が熱くなることはない。また、抽出されるフィラメントの温度は約30℃と低温なため、すぐに触ってもやけどの心配がないという。

使用するPLAフィラメントは、低発熱性のPCI低温材料を用いており、無臭で有害物質を放出しない。

持ち運びが容易なコードレスで使用でき、付属のUSBコードに接続して充電する。本体価格は5980円。交換用のフィラメントは、同社Webサイトで購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る