新しいものづくりがわかるメディア

RSS


空中にモチーフを描いて立体を作る——子供用3Dプリンターペン「myFirst 3DPen」

Oaxis Japanは、3Dプリンターペン「myFirst 3DPen」を発売した。

myFirst 3DPenは、日常的に絵を描き立体化させることで、子供の創造性と知覚力を育むことを目的とした製品だ。低温で加熱したプラスチック(フィラメント)を押し出し、急速に冷やすことで立体を造形する。

操作方法はシンプルで、小さな子供でも簡単に利用できる。本体後部からフィラメントを差し込んだ後に加熱ボタンを押すと、約30秒でフィラメントを抽出する。同じボタンを2回押すだけで、余ったフィラメントを取り出して交換できる。

本体には熱気口があるため、フィラメントを加熱しても本体が熱くなることはない。また、抽出されるフィラメントの温度は約30℃と低温なため、すぐに触ってもやけどの心配がないという。

使用するPLAフィラメントは、低発熱性のPCI低温材料を用いており、無臭で有害物質を放出しない。

持ち運びが容易なコードレスで使用でき、付属のUSBコードに接続して充電する。本体価格は5980円。交換用のフィラメントは、同社Webサイトで購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る