新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コーヒーや紅茶を美味しく入れる全自動マグカップ「SmartCup」

コーヒーや紅茶を美味しく入れることができる全自動マグカップ、「SmartCup」がKickstarterに登場した。圧力ろ過技術によって、コーヒーの味を損なうことなく短縮で抽出することができる。

photo

SmartCupの使い方は簡単で、付属のカプセルにコーヒー粉や茶葉を入れ、カップにセットして水を注ぐ。次に、スマートフォンアプリを使って飲み物の種類と好みの温度を設定してスタートをタップすれば、後はSmartCupがすべて行ってくれる。

対応する飲み物の種類は、コーヒー、紅茶、緑茶、白茶、ルイボス茶などが用意されている。SmartCupはいったんお湯を沸騰させた後、選択した飲み物に適した温度まで下がるのを待って抽出する。

例えばコーヒーの場合は、抽出に最適とされる95度に下がるのを待って抽出する。独自の圧力ろ過技術によって、コーヒーの味を損なうことなく、短縮で抽出することができるという。

photo

なお、SmartCupは、乳幼児用の粉ミルク作りにも使うことができる。

photo

SmartCupの大きさは150×120mm、重さは350g、容量は410ml。加熱方式はIHで、電源電圧は220V。スマートフォンとはBluetoothで接続する。

photo

SmartCupの早期割引価格は、149ドル(約1万7000円)。出荷は2019年7月の予定で、日本への送料は30ドル(約3400円)だ。

SmartCupは2018年12月28日までクラウドファンディングを実施。2018年12月11日時点で目標の6万ドル(約680万円)に対して、約9200ドル(約100万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る