新しいものづくりがわかるメディア

RSS


5種類のセンサーで機能を変えられる——プログラミングできるモジュール式ロボット「TacoBot」

様々な機能モジュールを積み重ねてプログラミングできるロボット「TacoBot」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

TacoBotは、2018年7月にIndiegogoでクラウドファンドを成功させている。プロトタイピングを経てデザインを改良し、今回量産型の生産をKickstarterにて支援募集し、1週間で目標額を達成した。

photo

本体はハット、ブレイン、ボディ、ベースの4つから成る。ハットは5種類用意し、それぞれトラッキング、赤外線、音響や超音波センサー、ボタンプログラミング機能をもつ。ベースにリチウムバッテリーを搭載し、駆動時間は4時間だ。

photo

遊び方は、ハットを交換する「スクリーンオフ」モードと、アプリを利用する「スクリーンオン」モードの2種類。子ども向けにすぐに遊べる30以上のゲームを用意しており、ブレインに内蔵したBluetooth Speakerで音楽再生できるほか、相撲やサッカーなど対戦型のゲームもできる。

photo

iOS、Android、Windowsに対応したアプリを使って、グラフィカルプログラミングもできる。Windows PCからscratchを使ってTacoBotを制御する場合は、別途USB Bluetoothアダプターの購入を勧めている。

photo

キットには、本体のほか、付属パーツ、リモコン、USBケーブルなどを含む。本体のサイズは、117×90×147mmだ。

photo

早割価格は65豪ドル(約5400円)。出荷は2019年1月の予定で、日本への送料は26豪ドル(約2200円)だ。

Kickstarterでは、2018年12月28日までクラウドファンディングを実施中。12月13日時点で、1万豪ドル(約83万4000円)の目標額を上回る約1万5000豪ドル(約122万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る