新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AIとIoTを手軽に始めよう——IoT開発ボード「obniz」を使った「AIロボットキット」と「IoTホームキット」

ハードウェアクラウドサービス「obniz(オブナイズ)」を提供するCambrianRoboticsは、「AIロボットキット」と「IoTホームキット」を発売した。AIロボットキットは、最新のAIを体験して扱えるキットだ。自動運転や遠隔操作、バナナやペンの物体認識など、最先端の技術を搭載したAIロボットを作成できる。価格は1万1880円(税込)だ。

photo

IoTホームキットは、IoTで家中の様々なものを操作できるキットだ。「エアコンを遠隔操作」「起きる時間に合わせて自動で家電の電源をオンに」「トイレが空いているか検知」「天気予報に合わせて玄関で旗を上げておく」など、便利な機能を搭載したロボットを作成できる。価格は1万2960円(税込)だ。

どちらのキットも、ダンボール工作で部品を組み立てることが特徴だ。プログラミングや電子回路などを触ったことがなくても、最新のAI/IoT技術を体験できる。

photo

両キットに搭載されているIoT開発ボードobnizは、スマートフォンとWi-Fiだけで、AIやIoTなどをプログラミングできるデバイスだ。obnizをWi-Fiにつなぎ、モーターやセンサーを接続してスマートフォンでQRコードをスキャンする、という3ステップでプログラミングを開始できるため、環境構築や複雑な配線接続、プログラミング知識といったハードルが取り除かれているのが特徴だ。ブロックプログラミングを使って文章を書く感覚で開発できるほか、HTML/JavaScript/Node-redなど複数の環境にも対応している。

photo

obnizの価格は5980円。amazonでは2018年12月25日まで、クリスマスセールで20%オフの4784円(価格はいずれも税込)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る