新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AIとIoTを手軽に始めよう——IoT開発ボード「obniz」を使った「AIロボットキット」と「IoTホームキット」

ハードウェアクラウドサービス「obniz(オブナイズ)」を提供するCambrianRoboticsは、「AIロボットキット」と「IoTホームキット」を発売した。AIロボットキットは、最新のAIを体験して扱えるキットだ。自動運転や遠隔操作、バナナやペンの物体認識など、最先端の技術を搭載したAIロボットを作成できる。価格は1万1880円(税込)だ。

photo

IoTホームキットは、IoTで家中の様々なものを操作できるキットだ。「エアコンを遠隔操作」「起きる時間に合わせて自動で家電の電源をオンに」「トイレが空いているか検知」「天気予報に合わせて玄関で旗を上げておく」など、便利な機能を搭載したロボットを作成できる。価格は1万2960円(税込)だ。

どちらのキットも、ダンボール工作で部品を組み立てることが特徴だ。プログラミングや電子回路などを触ったことがなくても、最新のAI/IoT技術を体験できる。

photo

両キットに搭載されているIoT開発ボードobnizは、スマートフォンとWi-Fiだけで、AIやIoTなどをプログラミングできるデバイスだ。obnizをWi-Fiにつなぎ、モーターやセンサーを接続してスマートフォンでQRコードをスキャンする、という3ステップでプログラミングを開始できるため、環境構築や複雑な配線接続、プログラミング知識といったハードルが取り除かれているのが特徴だ。ブロックプログラミングを使って文章を書く感覚で開発できるほか、HTML/JavaScript/Node-redなど複数の環境にも対応している。

photo

obnizの価格は5980円。amazonでは2018年12月25日まで、クリスマスセールで20%オフの4784円(価格はいずれも税込)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る