新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー

プログラマブルなスマートウォッチ「watchX」と、watchXを様々な形態に換装できるアクセサリーキットがIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

watchXは、自分で組み立て、PCと接続するだけでコーディングができるスマートウォッチキット。ウェアラブル端末開発プラットフォームとして、国内でもスイッチサイエンスなどから発売中だ。

photo

watchXは、本体に1.3インチOLEDディスプレイを搭載し、6軸モーション/デジタルコンパス/温度/気圧センサー、Li-Poバッテリーを内蔵する。サイズは37.5×38×11.1mmで、Bluetooth通信にも対応する。ケースは未付属だが3Dプリンターで自作できる。また、開発環境はArduino IDE/Scratch/Atmel Studioに対応している。

photo

新登場のArduino AdaptorにwatchXを搭載すれば、watchXの機能がアドオンされたカスタムプロジェクト向けArduino互換開発ボードとして利用できる。Arduino Adaptorのサイズは53.34×68.58mm。

photo

そしてG-PadにwatchXを搭載すれば、ほかのユーザーが開発した100以上のゲームのプレイや、8Bitゲームの自作ができる。オープンソースのゲーム開発/共有プラットフォーム「Arduboy」と互換性がある。G-Padのサイズは127.80×87.80mmだ。

photo

また、Rover RobotにwatchXを搭載すれば、多少傾斜のある悪路でも走行できるローバータイプの走行ロボットとして利用できる。本体の超音波距離センサーやライントラッキングセンサー、イメージセンサー「Pixy」を制御できる。サイズは130.21×85.09×81.87mmだ。

photo

IndiegogoでのwatchXの価格は89ドル(約9700円)で、ストラップはオレンジ/グリーン/グレー/ブラックから選べる。Arduino Adaptor/G-Pad/Rover Robotの予定小売価格は24ドル(約2600円)/36ドル(約3900円)/48ドル(約5200円)で、今ならそれぞれ数量限定の早割価格20ドル(約2200円)/30ドル(約3300円)/40ドル(約4300円)で入手できる。2019年5月の出荷を予定しており、日本への送料はいずれも13ドル(約1400円)だ。

photo

watchXは、2万ドル(約217万円)を目標に2019年2月中旬までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る