新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売

TechShareは、Ideinが提供を開始した「Actcast」に対応した「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」を発売した。

Actcastは、ディープラーニングを利用したセンシング技術をIoTシステムとして構築するためのプラットフォームサービスだ。

α版サービス(2018年12月11日より提供開始)で無償提供される画像認識のサンプルモデルを利用して、対応カメラモジュールを組み合わせたシステム上で、AIを使った画像認識システムを構築できる。

AIカメラスターターキットにより、Actcastを利用してRaspberry Piで画像認識のディープラーニングを実装したシステムを構築可能だ。ActcastのWebサイトから専用インストーラーをダウンロードし、付属のMicro SDカードにイメージをインストールするだけで、画像認識サンプルが利用できる。

対応モデルはRaspberry Pi 3 Model B+/Raspberry Pi Zero WHで、スタンダードカメラに加えて、用途に合わせて赤外線暗視カメラも選択できる。

販売価格はRaspberry Pi 3 Model B+版(スタンダードカメラ)が1万200円、Raspberry Pi 3 Model B+版(赤外線暗視カメラ)が1万2000円、Raspberry Pi Zero WH版が6780円となる(価格は全て税抜)。

既にPhysical Computing LabのWebストアで販売を開始しており、順次、電子部品販売店、Amazon、家電量販店などを通して販売を拡大予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る