新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売

TechShareは、Ideinが提供を開始した「Actcast」に対応した「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」を発売した。

Actcastは、ディープラーニングを利用したセンシング技術をIoTシステムとして構築するためのプラットフォームサービスだ。

α版サービス(2018年12月11日より提供開始)で無償提供される画像認識のサンプルモデルを利用して、対応カメラモジュールを組み合わせたシステム上で、AIを使った画像認識システムを構築できる。

AIカメラスターターキットにより、Actcastを利用してRaspberry Piで画像認識のディープラーニングを実装したシステムを構築可能だ。ActcastのWebサイトから専用インストーラーをダウンロードし、付属のMicro SDカードにイメージをインストールするだけで、画像認識サンプルが利用できる。

対応モデルはRaspberry Pi 3 Model B+/Raspberry Pi Zero WHで、スタンダードカメラに加えて、用途に合わせて赤外線暗視カメラも選択できる。

販売価格はRaspberry Pi 3 Model B+版(スタンダードカメラ)が1万200円、Raspberry Pi 3 Model B+版(赤外線暗視カメラ)が1万2000円、Raspberry Pi Zero WH版が6780円となる(価格は全て税抜)。

既にPhysical Computing LabのWebストアで販売を開始しており、順次、電子部品販売店、Amazon、家電量販店などを通して販売を拡大予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る