新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売

TechShareは、Ideinが提供を開始した「Actcast」に対応した「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」を発売した。

Actcastは、ディープラーニングを利用したセンシング技術をIoTシステムとして構築するためのプラットフォームサービスだ。

α版サービス(2018年12月11日より提供開始)で無償提供される画像認識のサンプルモデルを利用して、対応カメラモジュールを組み合わせたシステム上で、AIを使った画像認識システムを構築できる。

AIカメラスターターキットにより、Actcastを利用してRaspberry Piで画像認識のディープラーニングを実装したシステムを構築可能だ。ActcastのWebサイトから専用インストーラーをダウンロードし、付属のMicro SDカードにイメージをインストールするだけで、画像認識サンプルが利用できる。

対応モデルはRaspberry Pi 3 Model B+/Raspberry Pi Zero WHで、スタンダードカメラに加えて、用途に合わせて赤外線暗視カメラも選択できる。

販売価格はRaspberry Pi 3 Model B+版(スタンダードカメラ)が1万200円、Raspberry Pi 3 Model B+版(赤外線暗視カメラ)が1万2000円、Raspberry Pi Zero WH版が6780円となる(価格は全て税抜)。

既にPhysical Computing LabのWebストアで販売を開始しており、順次、電子部品販売店、Amazon、家電量販店などを通して販売を拡大予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る