新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ノズル最高温度450℃——スーパーエンプラ対応の水冷式大型3Dプリンター「APOLLO」

APPLE TREEは、FFF(熱溶融積層)方式の大型3Dプリンター「APOLLO」をリリースした。

APOLLOの特徴は、ノズル温度は最高450℃、庫内温度は最高120℃を維持できるため、超大型ABSやポリカーボネート、多くのスーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)の造形が可能なことだ。

ヘッド径は0.4mmで、ABS/PC/ナイロン/PLAなどの素材に加え、PEEK/PPSU/ULTEMなどのエンジニアリングプラスチックも使用できる。

また、取り外し可能な水冷式エクストルーダーを標準装備したことで、長時間の安定造形と高いメンテナンス性を実現している。さらに、作業の監視や現場に必要な材料や工具を収納できる専用台も用意されており、取り外しも可能だ。

本体両サイドにはフィラメント検出機能付きの樹脂収納ボックスを備えているため、造形中の樹脂切れも心配ない。ヒートベッドは最高120℃で、造形完了後は本体から取り出し可能だ。

最大造形サイズは310×310×480mmで、積層ピッチは50~200μm。精度はXYが12.5μm、Zは1.25μmで、プリント速度は最大150mm/秒だ。

本体サイズは624×702×1620mm、重量は80kg。データ形式はSTL/OBJ/3MFに対応している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る