新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ノズル最高温度450℃——スーパーエンプラ対応の水冷式大型3Dプリンター「APOLLO」

APPLE TREEは、FFF(熱溶融積層)方式の大型3Dプリンター「APOLLO」をリリースした。

APOLLOの特徴は、ノズル温度は最高450℃、庫内温度は最高120℃を維持できるため、超大型ABSやポリカーボネート、多くのスーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)の造形が可能なことだ。

ヘッド径は0.4mmで、ABS/PC/ナイロン/PLAなどの素材に加え、PEEK/PPSU/ULTEMなどのエンジニアリングプラスチックも使用できる。

また、取り外し可能な水冷式エクストルーダーを標準装備したことで、長時間の安定造形と高いメンテナンス性を実現している。さらに、作業の監視や現場に必要な材料や工具を収納できる専用台も用意されており、取り外しも可能だ。

本体両サイドにはフィラメント検出機能付きの樹脂収納ボックスを備えているため、造形中の樹脂切れも心配ない。ヒートベッドは最高120℃で、造形完了後は本体から取り出し可能だ。

最大造形サイズは310×310×480mmで、積層ピッチは50~200μm。精度はXYが12.5μm、Zは1.25μmで、プリント速度は最大150mm/秒だ。

本体サイズは624×702×1620mm、重量は80kg。データ形式はSTL/OBJ/3MFに対応している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る