新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワンタッチでヘッド交換——レーザー刻印も3Dプリントもできるデスクトップロボットアーム「Hexbot」

デスクトップサイズのロボットアーム「Hexbot」がKickstarterに登場し、プロジェクト開始後5分で目標額を達成するほどの人気を集めている。

photo

Hexbotは、手ごろな価格と使いやすさに重点を置いたデスクトップサイズのロボットアーム。アーム先端部をオプションに付け替えることで、ドローイング、レーザー刻印、3Dプリントなど、様々な機能に対応できる。アーム先端のアタッチメントはワンクリックで交換可能。ペンホルダー、レーザー刻印機、3Dプリンターのほかに吸盤、ソフトグリッパーの5種類を用意している。

photo

本体サイズは175×128×315mm、本体重量は2kg。ロボットアーム先端部での繰り返し再現性は0.05mm、最高速度は毎秒500mm、ペイロードは500gとなっている。オプションのレーザーユニットの波長は450nm、出力は250mW。木材をはじめ、革、プラスチック、アルミニウムなどに刻印可能だ。3Dプリントモジュールを装着した場合、積層ピッチ100~300μm、造形エリアは半径380mm×220°の範囲での造形が可能だ。

photo

コーディング初心者でも直感的に制御できるようブロック型プログラミングエディターBlocklyを搭載。上級者向けにはPythonやGコードなどで制御するためのAPIを提供する。PCからだけでなく、3.5インチタッチスクリーンまたはSDカードからも制御可能。また、コーディングしなくても、アームの動きを記録/再生できるハンドティーチングも可能だ。

photo

価格は、ペンホルダーのみの基本キットが349ドル(約3万8000円)。タッチスクリーンと5種類のアタッチメントが全てそろったラグジュアリーキットが659ドル(約7万2000円)、出荷は2019年10月の予定で、日本への送料は35ドル(約3800円)だ。

photo

Hexbotは、2019年3月9日までクラウドファンディングを実施中。1月25日時点で、5万ドル(約543万円)の目標額を大きく上回る約32万ドル(約3500万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る