新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワンタッチでヘッド交換——レーザー刻印も3Dプリントもできるデスクトップロボットアーム「Hexbot」

デスクトップサイズのロボットアーム「Hexbot」がKickstarterに登場し、プロジェクト開始後5分で目標額を達成するほどの人気を集めている。

photo

Hexbotは、手ごろな価格と使いやすさに重点を置いたデスクトップサイズのロボットアーム。アーム先端部をオプションに付け替えることで、ドローイング、レーザー刻印、3Dプリントなど、様々な機能に対応できる。アーム先端のアタッチメントはワンクリックで交換可能。ペンホルダー、レーザー刻印機、3Dプリンターのほかに吸盤、ソフトグリッパーの5種類を用意している。

photo

本体サイズは175×128×315mm、本体重量は2kg。ロボットアーム先端部での繰り返し再現性は0.05mm、最高速度は毎秒500mm、ペイロードは500gとなっている。オプションのレーザーユニットの波長は450nm、出力は250mW。木材をはじめ、革、プラスチック、アルミニウムなどに刻印可能だ。3Dプリントモジュールを装着した場合、積層ピッチ100~300μm、造形エリアは半径380mm×220°の範囲での造形が可能だ。

photo

コーディング初心者でも直感的に制御できるようブロック型プログラミングエディターBlocklyを搭載。上級者向けにはPythonやGコードなどで制御するためのAPIを提供する。PCからだけでなく、3.5インチタッチスクリーンまたはSDカードからも制御可能。また、コーディングしなくても、アームの動きを記録/再生できるハンドティーチングも可能だ。

photo

価格は、ペンホルダーのみの基本キットが349ドル(約3万8000円)。タッチスクリーンと5種類のアタッチメントが全てそろったラグジュアリーキットが659ドル(約7万2000円)、出荷は2019年10月の予定で、日本への送料は35ドル(約3800円)だ。

photo

Hexbotは、2019年3月9日までクラウドファンディングを実施中。1月25日時点で、5万ドル(約543万円)の目標額を大きく上回る約32万ドル(約3500万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る