新しいものづくりがわかるメディア

RSS


横浜駅直通——国内最大級のものづくり体験マーケット「MONOTORY」オープンへ

2019年3月にオープン予定のものづくり体験マーケット「MONOTORY」が、Makuakeにて出資を募っている。

MONOTORYは2019年3月15日、横浜駅前の「アソビル(ASOBUILD)」3Fにオープン予定だ。 150名以上のオフィシャルアーティストが所属し、レザークラフトや陶芸、キャンドル、フラワーアレンジメント、溶接、3Dプリンターを活用したものづくりなど、20ジャンル200種類を超えるワークショップが体験できる。

また、特殊機材完備のアトリエワークショップエリアや、ものづくりに必要な資材が揃うショップエリア、ラウンジスペース兼イベントエリアも併設する。

アトリエには陶芸専用の大型電気釜や溶接機、デジタルファブリケーション機材(レーザーカッターやUVプリンター)など、各ジャンルのものづくりに必要な専門機材を揃える。数名~数十名規模でのワークショップやスクールも開催予定だ。

オープンに先駆け、Makuakeでは機材使い放題、ワークショップ参加し放題の会員を募集する。

会員権は1カ月で6800円、3カ月では2万400円。Makuakeではそれぞれ27%オフの5000円、32%オフの1万4000円で参加できる支援コースを用意している。

その他にも、Makuakeでは電気ろくろで作る陶芸体験に40%オフで参加できるプラン(3000円)や、貸し切りワークショップ(4名以上、1万6000円)など、さまざまな支援コースを用意する。(価格は全て税込)

MONOTORYは2019年3月14日までMakaukeにてクラウドファンディング中だ。目標金額50万円は達成済みで、1月25日の時点で60万円以上を集めている。リターンは2019年3~4月末までに発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る