新しいものづくりがわかるメディア

RSS


横浜駅直通——国内最大級のものづくり体験マーケット「MONOTORY」オープンへ

2019年3月にオープン予定のものづくり体験マーケット「MONOTORY」が、Makuakeにて出資を募っている。

MONOTORYは2019年3月15日、横浜駅前の「アソビル(ASOBUILD)」3Fにオープン予定だ。 150名以上のオフィシャルアーティストが所属し、レザークラフトや陶芸、キャンドル、フラワーアレンジメント、溶接、3Dプリンターを活用したものづくりなど、20ジャンル200種類を超えるワークショップが体験できる。

また、特殊機材完備のアトリエワークショップエリアや、ものづくりに必要な資材が揃うショップエリア、ラウンジスペース兼イベントエリアも併設する。

アトリエには陶芸専用の大型電気釜や溶接機、デジタルファブリケーション機材(レーザーカッターやUVプリンター)など、各ジャンルのものづくりに必要な専門機材を揃える。数名~数十名規模でのワークショップやスクールも開催予定だ。

オープンに先駆け、Makuakeでは機材使い放題、ワークショップ参加し放題の会員を募集する。

会員権は1カ月で6800円、3カ月では2万400円。Makuakeではそれぞれ27%オフの5000円、32%オフの1万4000円で参加できる支援コースを用意している。

その他にも、Makuakeでは電気ろくろで作る陶芸体験に40%オフで参加できるプラン(3000円)や、貸し切りワークショップ(4名以上、1万6000円)など、さまざまな支援コースを用意する。(価格は全て税込)

MONOTORYは2019年3月14日までMakaukeにてクラウドファンディング中だ。目標金額50万円は達成済みで、1月25日の時点で60万円以上を集めている。リターンは2019年3~4月末までに発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る