新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大造形サイズ457×457×609mm——高精度な造形が可能なFFF方式デスクトップ3Dプリンター「gMax 2」

ニューヨークのgCreateは、FFF(熱溶融積層)方式の大型3Dプリンター「gMax 2」の先行販売を開始した。

photo

gMax 2は、耐久性、信頼性、パフォーマンスを追求するため、アルミニウム製フレームやスチール製リニアレールなど、産業グレードの素材を使った3Dプリンター。最大造形サイズは457×457×609mmで、高精度リニアモーションシステムや充実した機能が安定した高精細な造形を可能にする。

photo
photo
photo

ホットエンドは純正の「E3D v6」で、最高温度300度、ノズルの交換も容易なデザインだ。コントローラーから制御可能な外部リレー付600Wヒーテッドベッドのサイズは457.2×457.2mmで、「BuildTak」を装着する。ほかにも、フィラメント切れセンサーやオートレベリングなどの機能を備える。

photo

5インチのフルカラータッチスクリーン「gTouch Controller」を搭載し、リモートモニタリングやプリンター管理、カメラストリーミング、ヒーテッドベッドの制御などができる。データのアップロードは、SDカード、USBメモリー、USB接続、Wi-Fi通信(クラウド)に対応する。スライサーは、定番の「Simplify3D」や「Cura」が利用できる。

photo

PETG、TPU、CFナイロン、ポリカーボネート、メタル配合、TPU 85Aなど、30タイプ以上の広範なフィラメントオプションを利用できる。積層ピッチは、40~720μm(ノズル径による)。

photo

gCreateのウェブサイトで、3995ドル(約43万7000円)で先行予約を受け付けている。オプションでキャスター付きカートも入手できる。

photo
photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る