新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キューブとリンクを組み合わせてロボットを作ろう——モジュール式ロボットプラットフォーム「PingPong」

「Cube」モジュールを様々なリンクなどと組み合わせてロボットが作れるモジュール式ロボットプラットフォーム「PingPong」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

PingPongは、基本モジュール「Cube」と豊富なリンクを組み合わせ、自分だけのロボットを作れる拡張性の高いロボットプラットフォーム。Cube2個と複数のタイプのリンクを使ったスタンダードモデルでは、「オートカー」「バランスボット」「タンクボット」「アクロバットボット」「クリーナーボット」などができる。

photo

基本モジュールのCubeは、BAT/BT LED、パワーボタン、充電用コネクター、バッテリー、オリジン検出センサー、ステッピングモーター、BLE 5.0、近接センサー、IMUセンサー、ピエゾブザー、カラーLED、リンク用ホール、拡張ポートなど豊富な機能を備えている。

photo

このCube同士をリンクで接続したり、ホイールやデコレーションパーツなど自由に組み合わせて好みのフォームとモーションができるロボットが、簡単に組み立てられる。

photo

操作はCubeのBLE通信を使うスマートデバイスの専用アプリか、オプションのIRレシーバーブロックをCubeに接続してIRキーパッドでコントロールできる。専用アプリはGoogle Play ストア‎からダウンロードでき、アプリでロボットモデルを選択し、モデルを組み立てたらジョイスティックやボタンで操作する。

photo

Cubeの上面にはオスの、下面にはメスのマグネット式充電コネクターがあり、付属のマグネット式充電ケーブルで充電する。またオプションの充電ステーションを使えば、Cubeを6個同時に充電できる。

photo

PingPongは、Cube2個とベーシックアセンブリキット(3モデル分)がセットになった「‎G2 ベーシックセット」を110ドル(約1万2000円)で提供する。2019年6月の出荷を予定しており、日本への送料は25ドル(約2740円)だ。

PingPongは、3万ドル(約328万円)を目標に2019年3月11日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る