新しいものづくりがわかるメディア

RSS


好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」

FFF方式デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」が、Kickstarterで出資を募っている。

言うまでもなく、フレームは3Dプリンターの最も重要な部品の一つだ。フレームに十分な剛性がなければ、精度の高い造形は望めない。3Dプリンターを自作する場合は、特に注意が必要だろう。

Easy Frame

Easy Frameは、高い精度で加工されたデスクトップ3Dプリンター用金属製フレーム。FFF方式3Dプリンターキット「Anet A8」のサイズをベースにしており、造形サイズ270×240×240mmのFFF方式3Dプリンターを造ることができる。

Easy Frameは、厚さ1.5mmの金属部品を治具を使って溶接しているので剛性が高く、安定した3Dプリントができる。また、3Dプリンター自作のほか、ローエンド3Dプリンターのグレードアップにも使える。

Easy Frame
Easy Frame

色は、マゼンタ、緑、青、黄色、オレンジ、黒、白の7種類を用意している。コントローラーボードや電源ユニットはEasy Frameの底部にマウントできる。MOSFETなど他の電子部品を追加できるスペースも十分あり、LCDディスプレイも取り付けられる設計だ。

Easy Frame

Easy Frameの早期特別割引価格は、99ユーロ(約1万2000円)。ただし、色は指定できず、7色のうちいずれかが届く。出荷は2019年3月の予定だ。希望の色を指定したい場合は、早期割引価格110ユーロ(約1万4000円)で申し込みできる。出荷は2019年4月の予定。いずれの場合も、日本への送料は61ユーロ(約7600円)だ。

Easy Frameは2019年3月4日までクラウドファンディングを実施。2019年2月12日時点で、目標の1万ユーロ(約120万円)に対して、約2900ユーロ(約37万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る