新しいものづくりがわかるメディア

RSS


飛騨高山産の木材で作った木製ヘッドフォン「ヒダノオト」

岐阜県飛騨高山発のプロジェクト、木製ヘッドフォン「ヒダノオト」が、Makuakeに登場、一部モデルはすでに売り切れとなるなど人気を呼んでいる。

photo

ヒダノオトは、ヘッドバンドも耳あて部もすべて飛騨高山産のカエデ/ヒノキから作られている木製ヘッドフォンだ。金具は一切使用せず、留め具には飛騨牛の牛革を使うなど自然素材にこだわった作りとなっている。

photo

ドライバーユニットとしてiPhone付属のApple純正イヤホンをそのまま木組みに組み込んでおり、耳あて内で反響させる構造としている。

photo

異なる2種類の木材による3層構造を取り入れており、カップ中央部分には、堅く音の反響がよいカエデを採用。一方、耳に当たる部分と外側のロゴ部分には、柔らかくて肌触りも優しく、特有の香りや抗菌作用を有するヒノキを使用している。使用する木材は、全て製作者の地元、飛騨高山で伐採されたものだという。

photo 一位一刀彫タイプ

テクスチャーの加工が異なるプレーン、一位一刀彫、飛騨春慶の3タイプをラインアップするが、プレーンタイプはすでに売り切れている。伝統工芸士により、一位一刀彫はテクスチャーに鑿(のみ)の丸彫り加工、飛騨春慶は漆塗りが施される。

photo 飛騨春慶タイプ

寸法は3タイプとも共通で195×145×60mm(ヘッドバンド最縮時)、重量は約110gだ。価格はプレーンが1万5120円、一位一刀彫が1万9440円、飛騨春慶塗が2万1600円。Makuakeでは15%オフで購入できるプランなどを用意している。

photo

ヒダノオトはMakuakeにて2019年4月26日までクラウドファンディング中だ。目標額30万円は開始から2日後に達成し、2月12日の時点で54万円以上を集めている。発送は2019年7月末~8月末の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る