新しいものづくりがわかるメディア

RSS


各種LPWAモジュールを内蔵——低消費電力設計のIoT向け通信ユニット「SpreadRouter-A」

エヌエスティ・グローバリストは、IoT向け通信ユニット「SpreadRouter-A」を2019年4月に発売する予定だ。

同ユニットは各種LPWAモジュール(LoRa、LoRaWAN、LTE-M、NB-IoT)を内蔵しており、通信方式を選択できることが特徴だ。長距離通信の無線ネットワークを集約する仕組みの構築や、通信ランニングコスト/トータルコストの抑制といった各種ニーズに対応する。

また、低消費電力化も図られており、110μAのスリープ機能も搭載。外部トリガーキック、または内蔵RTCでキーデバイス部をスリープ状態から起動できる。

接続インターフェースは汎用性を有した設計で、計測用途に適したセンサーを既設装置や設備に取り付け可能だ。シリアル(RS232CまたはRS485)を標準装備しているほか、アナログ/デジタルパルス検出センサーが取り込めるセンサー用インターフェースをタイプ別に搭載している。

標準モデルとアナログモデル、デジタルモデルの3タイプをラインアップ。 接続インターフェースは、標準モデルがシリアル1ch、アナログモデル(4-20mA/0-5V)が入力4ch+シリアル1ch、デジタルモデルが入力4ch+出力4ch+シリアル1chとなる。

また、同社の既存ユニットであるSpreadRoutreシリーズとの連携も可能で、Spreadroutre-MWのパッケージソフトも継承できる。IoTセンサーパック、透過モード、Modbus-RTUモード、12段ホップ、250mW高出力など多種モードを用意し、活用範囲を広げられる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る