新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LINEで家と会話できる——ホームIoTサービス「necolico HOME+」提供開始

ネコリコは、LINEで会話するように家の中の状況を把握し、機器を操作できるホームIoTサービス「necolico HOME+」の販売を開始した。

necolico HOME+は、家庭に設置したセンサー情報(各種センサー/スマートメーターなど)のLINEメッセージとしての取得や、LINEでの家電操作などが可能な個人向けホームIoTサービスだ。

ゲートウェイ「NextDrive Cube J1」はコンセントとWi-Fi環境のみで設置可能だ。Wi-Fi規格は2.4GHz(IEEE 802.11b/g/n)/5GHz(IEEE 802.11ac)に対応している。

各種センサーだけでなく、スマートメーター(電力メーター)との接続もサポートし、1台でホームIoTとHEMSの両機能を実現できる。2019年中にスマートロックや蓄電池などのサポートも予定しており、接続可能な機器は順次拡大予定だ。

ラインアップとして、基本セットとなる「スターターキット NH-001」に加え、みまもり機能を付加できる「みまもり追加キット NH-002」の2タイプを用意する。

スターターキット NH-001は、同梱のOMRON環境センサー(USB型)が観測する情報(温度/湿度/照度/気圧/揮発性有機化合物/二酸化炭素/騒音)をクラウドで分析し、室内の環境状況をLINEで通知する「おせっかい通知」機能の利用をメインとしたキットだ。

無料スマホアプリ「Ecogenie」で各種センサー、スマートメーターの見える化も提供する。さらに、Link Japan製スマートリモコン(eRemoteシリーズ)との連携も可能で、併せて利用することでLINEの通知からシームレスにエアコンを操作できる。Amazonでの販売価格は1万9800円(税込)だ。

みまもり追加キット NH-002は、スターターキットと併せて利用できるカメラとモーションセンサーのキットだ。

モーションセンサーが動き(加速度)を検知すると、自動でカメラが録画し通知してくれる。遠方の家族やペットのみまもり、簡易なホームセキュリティなど、さまざまな用途に応用できる。録画映像やライブ映像はEcogenieを通して、外出先からでも確認可能だ。 Amazonでの販売価格は1万2800円(税込)となる。

また発売を記念して、同社では購入者向けプレゼントキャンペーンを展開する。応募者から抽選で50名に、電池で動作するOMRON環境センサーをプレゼントする。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る