新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、低消費電力デュアルコア無線マイクロコントローラー「STM32WBx5」量産開始

STマイクロエレクトロニクスは、低消費電力でかつリアルタイム性に優れたデュアルコア無線マイクロコントローラー「STM32WBx5」の量産を開始した。

STM32WBx5は、Arm Cortex-M4プロセッサ搭載の32bitマイコン「STM32L4」の機能と、専用Cortex-M0+プロセッサで制御される無線機能を組み合わせることで、消費電量を抑えつつ無線プロトコルとリアルタイムアプリケーションの同時実行を可能にした。

STM32L4による、複数の省電力モードやアダプティブ電圧スケーリング、アダプティブリアルタイムアクセラレータなどの機能によって電力効率を向上。Cortex-M0+プロセッサによる、カスタマキーストレージ(CKS)や公開鍵認証(PKA)、無線MAC層と上位層の暗号化エンジンなどのIoT機器認証向けセキュリティ機能を搭載することで、堅牢な製品管理が可能になる。

最大メモリー容量は1MB、外付けメモリー用にはQuad-SPIポートを備えた。その他、水晶発振子不要のフルスピードUSBや、RFオシレーター(32MHz)、トリミングキャパシタ、タッチセンサーコントローラー、LCDコントローラー、アナログペリフェラル、複数のタイマーおよびウォッチドッグ、アンテナ接続用バランを内蔵する。

STM32WBx5でのアプリケーション開発には、同社が提供する開発エコシステムSTM32Cubeなどを使って効率良く行うことができ、開発期間短縮につながる。

リモートセンサーやウェアラブルトラッカー、ビルオートメーション制御システム、コンピュータ周辺機器、ドローンなどIoT機器に最適だという。

価格は1万個購入時が約3.16ドル。UFQFPN48からUFBGA129までの各種パッケージで提供される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る