新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、低消費電力デュアルコア無線マイクロコントローラー「STM32WBx5」量産開始

STマイクロエレクトロニクスは、低消費電力でかつリアルタイム性に優れたデュアルコア無線マイクロコントローラー「STM32WBx5」の量産を開始した。

STM32WBx5は、Arm Cortex-M4プロセッサ搭載の32bitマイコン「STM32L4」の機能と、専用Cortex-M0+プロセッサで制御される無線機能を組み合わせることで、消費電量を抑えつつ無線プロトコルとリアルタイムアプリケーションの同時実行を可能にした。

STM32L4による、複数の省電力モードやアダプティブ電圧スケーリング、アダプティブリアルタイムアクセラレータなどの機能によって電力効率を向上。Cortex-M0+プロセッサによる、カスタマキーストレージ(CKS)や公開鍵認証(PKA)、無線MAC層と上位層の暗号化エンジンなどのIoT機器認証向けセキュリティ機能を搭載することで、堅牢な製品管理が可能になる。

最大メモリー容量は1MB、外付けメモリー用にはQuad-SPIポートを備えた。その他、水晶発振子不要のフルスピードUSBや、RFオシレーター(32MHz)、トリミングキャパシタ、タッチセンサーコントローラー、LCDコントローラー、アナログペリフェラル、複数のタイマーおよびウォッチドッグ、アンテナ接続用バランを内蔵する。

STM32WBx5でのアプリケーション開発には、同社が提供する開発エコシステムSTM32Cubeなどを使って効率良く行うことができ、開発期間短縮につながる。

リモートセンサーやウェアラブルトラッカー、ビルオートメーション制御システム、コンピュータ周辺機器、ドローンなどIoT機器に最適だという。

価格は1万個購入時が約3.16ドル。UFQFPN48からUFBGA129までの各種パッケージで提供される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る