新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コウモリの羽ばたきを3Dモデル化——高機動な航空機設計に向けた研究

ブリティッシュコロンビア大学(UBC)とシンガポール国立大学の研究者らが、コウモリがはばたき飛行するときの複雑な羽根の動きや、それに伴い発生する気流パターンを再現する3Dコンピュータモデルを開発した。

これまで報告されているコウモリの羽ばたきの数学モデルは、実用目的に利用するには、単純化されすぎているが、不完全なものしかなかった。今回UBCのRajeev Jaiman教授らは、コウモリの飛行力学の複雑さを詳細に反映した数学的モデルの作成に成功した。

コウモリの羽根は気流に対応して曲がったり、ねじれたりし、揚力や推力などの力を生み出す。その際、渦輪(vortex rings)として知られる渦巻き状の空気の塊が生じる。こうしたコウモリの飛行メカニズムはモデルに反映されている。

膜のような非常に柔軟な翼のおかげで、コウモリは昆虫や鳥よりも自由に空を飛べる。「コウモリは狭い空間を飛べるし、容易に突風を切り抜けられる」とJaiman教授はいう。

コウモリの羽ばたき飛行は、騒音の低減や機動性などの点で固定翼の飛行を超える多くの利点がある。 Jaiman教授は「私たちのフレームワークは主要な航空力学を反映しており、翼が羽ばたくような航空機設計を実現するツールとなる可能性がある」と、述べている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  5. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  6. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. AIを使ってピッキング——倉庫の利用効率を高めるAI制御のロボットアームを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る