新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTBASE、ソラコムと連携したIoTシステムの提供を開始

IoTBASEが、ソラコムと連携したIoTシステムの提供を開始した。

IoTBASEは、IoTシステムで利用される汎用性の高いバックエンド機能を提供するクラウド型サービスだ。自社でサーバーやインフラの開発、運用が不要になるため、迅速かつ低コストでIoTサービスを開始できる。

今回IoTBASEは、ソラコムの「SPS認定済ソリューションパートナー」となり、ソラコムプラットフォームと連携してIoTBASEのプラットフォームを活用できるようになった。これにより、さらにスピーディーにIoTシステムの構築ができるようになる。

photo

ネットワークからアプリケーション基盤までラインセンス形式で利用できるため、初期開発コストを抑制でき、サーバーインフラ費や運用保守、回線コストのすべてが、デバイス単位のライセンス費となり、変動費化できる。

IoTBASEは、インフラ監視や防災管理などのインフラ系や、子どもや高齢者見守り、車両管理などのGPS系、設備保全管理などの現場業務系などでの利用を想定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る