新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ドローン制御アプリケーションなどを開発する株式会社車輪の再発見(以下、車輪の再発見)は、プログラミング言語学習環境Scratch3.0のオンライン版を拡張した3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開した。

photo

Scratch3.0は、MITメディアラボが開発したプログラミング言語学習環境。車輪の再発見はそのオンライン版にドローン制御用のブロックを追加し、描画ステージをWebGLとUnityとで拡張することで、DroneSimulator3を開発した。

DroneSimulator3は、STEM教育用途からIoTでの産業用ドローン制御用途までを想定して開発。Webブラウザを使用するために新たにソフトウェアなどをインストールする必要がなく、しかも無料で利用できる。

photo

Scratch3.0がベースになっているため、簡単に制御プログラムが作製できる。もちろん飛行時間や距離は無制限で、実機のように衝突や墜落の危険もない。現在は移動コマンドだけだが、画像認識やセンサーを利用したAIプログラムや、ドローン実機とシンクロして飛行することができる機能などを実装していく予定だ。

photo

ドローンの3Dモデリングは「Parrot Mambo」、「DJI Ryze Tello EDU」の2種類を用意。上記に加えて、「DJI Phantom4」、「Industrial Drone」の計4機種に順次対応するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る