新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ドローン制御アプリケーションなどを開発する株式会社車輪の再発見(以下、車輪の再発見)は、プログラミング言語学習環境Scratch3.0のオンライン版を拡張した3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開した。

photo

Scratch3.0は、MITメディアラボが開発したプログラミング言語学習環境。車輪の再発見はそのオンライン版にドローン制御用のブロックを追加し、描画ステージをWebGLとUnityとで拡張することで、DroneSimulator3を開発した。

DroneSimulator3は、STEM教育用途からIoTでの産業用ドローン制御用途までを想定して開発。Webブラウザを使用するために新たにソフトウェアなどをインストールする必要がなく、しかも無料で利用できる。

photo

Scratch3.0がベースになっているため、簡単に制御プログラムが作製できる。もちろん飛行時間や距離は無制限で、実機のように衝突や墜落の危険もない。現在は移動コマンドだけだが、画像認識やセンサーを利用したAIプログラムや、ドローン実機とシンクロして飛行することができる機能などを実装していく予定だ。

photo

ドローンの3Dモデリングは「Parrot Mambo」、「DJI Ryze Tello EDU」の2種類を用意。上記に加えて、「DJI Phantom4」、「Industrial Drone」の計4機種に順次対応するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る