新しいものづくりがわかるメディア

RSS


しおり兼用の読書灯——薄型軽量ブックライト「NEMUIX」

薄型軽量の携帯型読書灯「NEMUIX」がKickstarterに登場し、人気を集めている。ブルーライト低減LEDを使用し、読書灯としても、本のしおりとしても使える兼用アイテムだ。

photo

NEMUIXは、プラスチックフィルムに導電性塗料で開回路を印刷し、薄い磁石を2個埋め込んでいる。スタンドとして使う際は磁石がくっついて立体になると同時に、回路が閉じてLEDが点灯する仕組みだ。

photo

しおりとして使う際は、通電しないので電力を消費しない。交換式のボタン電池1つで連続4時間点灯し、CR2032/2025/LIR2032(充電式)が利用できる。

photo

丈夫でしなやかな強化プラスチックフィルムを使用し、読書灯モードやしおりモードに変形しても跡がつかないという。フィルムの厚みは0.079mmで、財布にも収納できるサイズだ。

photo

早割価格は12カナダドル(約996円)。出荷は2019年6月の予定で、日本への送料は無料だ。また、購入後にSNSでこのキャンペーンをシェアしたと連絡すると、もう1つNEMUIXがもらえるサービスを実施中だ。

NEMUIXは、2019年5月9日までクラウドファンディングを実施中。4月25日時点で、1000カナダドル(約8万4000円)の目標額を上回る約1万6000カナダドル(約133万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る