新しいものづくりがわかるメディア

RSS


100mまで潜水可能な水中ドローン「POSEIDON-I」

最大深度100mの水中ドローン「POSEIDON-I」が、Makuakeでプロジェクトを開始した。

photo

POSEIDON-Iは、前面に画角120度の広角レンズを備えたカメラを搭載。1/2.9インチCMOSセンサーによる1080HD動画撮影ができる。300ルーメンのLEDライト×4を搭載し、暗い海中での撮影にも対応する。

photo

最大静水速度は毎秒2m。9000mAhのバッテリーを備え、最大稼働時間は約120分となる。本体に32GBのストレージを内蔵し、スマートフォンやPCとWi-Fi接続して撮影画像をダウンロードできる。耐水圧を確保するために、SDカードスロットはあえて設けていない。

photo

本体重量は3.4kg、サイズは378×210×88mm。通信ケーブルが50mのスタンダードタイプと、100m対応のアドバンスタイプの2種類が用意されている。各タイプとも本体の他にケース、通信ケーブル、巻き戻しセット(アドバンスのみ)、送信機、重さ調整モジュール、充電器セットおよびマニュアルが付属する。専用アプリが動作するiOS8.0以降またはAndroid5.0以降に対応するスマートフォンまたはタブレットが必要だ。

photo

支援およびリターン内容は、【先着50名様!】(48%OFF)水中ドローン「POSEIDON-I」50m仕様が6万9860円、【Makuake限定】(40%OFF)同50m仕様が7万9860円、【先着50名様!】(48%OFF)同100m仕様が7万9860円、【Makuake限定】(40%OFF)同100m仕様が8万9860円(いずれも税込)となっている。

当プロジェクトは達成後支援型(All or Nothing)で、リターンの発送は2019年7月末までを予定。プロジェクト目標金額は200万円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る