新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワイヤレスでサーボをコントロール——3軸ジャイロスコープ「Zita V2」

小型ワイヤレス3軸ジャイロスコープモジュール「Zita V2」がKickstarterに登場し、わずか2時間で目標額の調達に成功している。

Zita V2は、2018年3月にクラウドファンドを成功させた有線ジャイロスコープモジュール「Iota V2」の後継機。ノーマル/リバースモードはそのままで、無線に対応した。2.4GHzRFモジュールを内蔵し、約9mの範囲までサーボ制御できる。チャンネル設定できるので、近くに複数台のZita V2があっても干渉しない。

photo PPM方式をサポート。市販のRCコントローラーとの接続も容易だ。

X/Y/Z軸を独立に制御でき、前モデル同様RCリモコン制御に使われるPPM(Pulse Position Modulation:パルス位置変調)出力にも対応する。BMS(バッテリーマネージメントシステム)を搭載し、LED表示を確認すればバッテリーの状態がわかる仕様だ。送信機の大きさは50×15mm、受信機は25×25mmだ。現在開発中のため、今後仕様が変わる可能性はある。

DIY愛好家や電子工学/ロボット工学を学びたい人向けに、FPVヘッドトラッキング、ロボティクス、ビデオゲームなどでの利用を想定している。

特別早割価格は送信機と受信機の1セットで49カナダドル(約4100円)。出荷は2019年9月の予定で、日本への送料は15カナダドル(約1300円)だ。

Zita V2は、2019年5月20日までクラウドファンディングを実施中。5月8日時点で、1000カナダドル(約8万4000円)の目標額を上回る約4000カナダドル(約33万6000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る