新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワイヤレスでサーボをコントロール——3軸ジャイロスコープ「Zita V2」

小型ワイヤレス3軸ジャイロスコープモジュール「Zita V2」がKickstarterに登場し、わずか2時間で目標額の調達に成功している。

Zita V2は、2018年3月にクラウドファンドを成功させた有線ジャイロスコープモジュール「Iota V2」の後継機。ノーマル/リバースモードはそのままで、無線に対応した。2.4GHzRFモジュールを内蔵し、約9mの範囲までサーボ制御できる。チャンネル設定できるので、近くに複数台のZita V2があっても干渉しない。

photo PPM方式をサポート。市販のRCコントローラーとの接続も容易だ。

X/Y/Z軸を独立に制御でき、前モデル同様RCリモコン制御に使われるPPM(Pulse Position Modulation:パルス位置変調)出力にも対応する。BMS(バッテリーマネージメントシステム)を搭載し、LED表示を確認すればバッテリーの状態がわかる仕様だ。送信機の大きさは50×15mm、受信機は25×25mmだ。現在開発中のため、今後仕様が変わる可能性はある。

DIY愛好家や電子工学/ロボット工学を学びたい人向けに、FPVヘッドトラッキング、ロボティクス、ビデオゲームなどでの利用を想定している。

特別早割価格は送信機と受信機の1セットで49カナダドル(約4100円)。出荷は2019年9月の予定で、日本への送料は15カナダドル(約1300円)だ。

Zita V2は、2019年5月20日までクラウドファンディングを実施中。5月8日時点で、1000カナダドル(約8万4000円)の目標額を上回る約4000カナダドル(約33万6000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る