新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワイヤレスでサーボをコントロール——3軸ジャイロスコープ「Zita V2」

小型ワイヤレス3軸ジャイロスコープモジュール「Zita V2」がKickstarterに登場し、わずか2時間で目標額の調達に成功している。

Zita V2は、2018年3月にクラウドファンドを成功させた有線ジャイロスコープモジュール「Iota V2」の後継機。ノーマル/リバースモードはそのままで、無線に対応した。2.4GHzRFモジュールを内蔵し、約9mの範囲までサーボ制御できる。チャンネル設定できるので、近くに複数台のZita V2があっても干渉しない。

photo PPM方式をサポート。市販のRCコントローラーとの接続も容易だ。

X/Y/Z軸を独立に制御でき、前モデル同様RCリモコン制御に使われるPPM(Pulse Position Modulation:パルス位置変調)出力にも対応する。BMS(バッテリーマネージメントシステム)を搭載し、LED表示を確認すればバッテリーの状態がわかる仕様だ。送信機の大きさは50×15mm、受信機は25×25mmだ。現在開発中のため、今後仕様が変わる可能性はある。

DIY愛好家や電子工学/ロボット工学を学びたい人向けに、FPVヘッドトラッキング、ロボティクス、ビデオゲームなどでの利用を想定している。

特別早割価格は送信機と受信機の1セットで49カナダドル(約4100円)。出荷は2019年9月の予定で、日本への送料は15カナダドル(約1300円)だ。

Zita V2は、2019年5月20日までクラウドファンディングを実施中。5月8日時点で、1000カナダドル(約8万4000円)の目標額を上回る約4000カナダドル(約33万6000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  5. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  6. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. AIを使ってピッキング——倉庫の利用効率を高めるAI制御のロボットアームを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る