新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」

高速、静音のFFF(熱溶融積層)方式デスクトップ3Dプリンター「A1」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

A1は、ヘッドの移動速度毎秒300mm、印刷速度は毎秒90mmと高速にも関わらず、騒音レベルは50DBAと静音だ。32ビットARMプロセッサによる制御で、高速移動を実現している。

photo

プリントヘッドには2つのファンを内蔵し、印刷中も効率よくフィラメントが冷却できる。交換やメンテナンスにも配慮した設計だ。

photo

また、フィラメントフィーダーには2つのギア付きホイールを採用。クイックリリースボタンにより、フィラメント交換も容易だ。フィラメントは1.75mm径PLA/ソフトPLA/PBS/ABS/TPUなどに対応する。

photo

本体サイズは320×280×340mm、最大造形サイズは240×180×240mmで、重量は8kg。ノズル径は0.25/0.4/0.8mmに対応する。解像度はX/Y/Zがそれぞれ12.5/12.5/2.5μm、ヘッド温度275℃、ヒーテッドベッド温度は60℃だ。

photo

4.3インチタッチディスプレイを搭載し、USBまたはWi-Fi接続が可能。CURA/SLIC3R/Simplify 3Dといったオープンソースソフトウェアに対応する。最終製品では、本体の両側に取り外し可能なプレキシガラスパネルが取り付く予定だ。

photo

デュアルエクストルーダーにアップグレードした「A2」、HEPAフィルターとエンクロージャーを追加した「A3」も計画しており、先行予約をすれば割引価格で購入できる。

photo

A1の早割価格は7490SEK(スウェーデンクローナ)(約8万6000円)。出荷は2019年9月の予定で、日本への送料は1400SEK(約1万6000円)だ。

A1は、2019年6月1日までクラウドファンディングを実施中。5月14日時点で、目標額25万SEK(約286万円)のうち、約15万5000SEK(約176万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る