新しいものづくりがわかるメディア

RSS


雪を使って発電する——摩擦帯電型ナノ発電機「Snow TENG」

Abdelsalam Ahmed

空から降ってくる雪は、電荷も運んでくる。カリフォルニア大学ロサンゼルス校らの研究チームは、雪を利用した摩擦帯電型ナノ発電機「Snow TENG」を開発した。太陽光発電に搭載すれば、発電効率が低下する降雪期間でも絶え間ない電力供給が可能になる。また、製造には3Dプリントが利用可能で、低価格で供給できるのも特徴だ。研究成果は、2019年6月付『Nano Energy』の掲載に先駆けて、オンライン公開されている。

Snow TENGは、雪がプラスに帯電する傾向を利用し、マイナスに帯電した物質と接した際に生じる摩擦帯電から発電するエネルギーハーベスティングデバイスだ。発電効率を高めるために雪と相性の良い素材を探した結果、アルミホイルやテフロンではなく、シリコンが最適だと判明した。

シリコンは手に入りやすいうえ、3Dプリント技術を利用することで低コストに製造できる。研究チームは、電極とシリコンを積層させて、柔軟で伸縮性のある金属フリーの薄型デバイスを開発した。このデバイスは電力密度0.2mW/m2、開回路電圧最大8V、電流密度40μA/m2を記録した。

一般的に太陽電池への積雪は、受光障害となって発電効率の低下の原因となるが、Snow TENGを組み込むことで、降雪時でも電力を供給できる。さらに、降雪量や風速を計測する気象観測機、ウインタースポーツをしている人の動きをモニターするウェアラブルセンサーなど、降雪を活用した自己発電型デバイスへの応用も期待できる。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る