新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ポジティブワン、ISO14443対応のNFCソフトウェア開発キット「uFRナノ」販売開始

ポジティブワンは、ISO14443対応のNFCソフトウェア開発キット「uFRナノ」の販売を開始した。

同キットでは、RFIDデバイスのターンキー標準開発プラットフォームを提供する。加えて、ファームウェアやライブラリ、ドキュメントやOS、開発環境などを含むフル機能のソフトウェア開発キットパッケージが付属する。

定期的なアップグレード(ファームウェア、ライブラリ、APIを含む)も提供され、ユースケースに合わせた開発を進めることができる。

NFC RFIDリーダーの寸法は86×27×12mm、重量は0.21kg。RF通信はISO/IEC 14443 A、ISO/IEC 14443 B、およびISO/IEC 18092通信規格の全てのプロトコル層をサポートする。動作周波数は13.56MHzで、非接触通信用NXPのリーダーICに基づいている。サポートOSはMicrosoft Windows、Linux、MacOS X、Androidだ。

NFCフォーラムのタグタイプは、現在タイプ2が実装済みだ。DESFireはNFCタグタイプ4として使用できるため、ファームウェアの機能としてすぐに追加できる。なお、他のタグタイプ(1と3)やピアツーピア機能なども今後追加予定だ。

さらに、MIFAREの各規格(Mini、クラシック 1K/4K、ウルトラライト/ウルトラライトC、DESFire EV1、Plus)RF識別プロトコルもサポートする。

アンテナの動作距離は20~80mmで、アンテナの形状およびリーダーの構成に応じて変動する。近接読み取り/書き込み速度は最大424kbpsで、一度に複数のカードを検出するための衝突防止メカニズムも組み込まれている。

リーダーはFTDIの仮想COMポート(VCP)ドライバーを使用し、シリアルインタフェースデバイスとしても機能する。また、スピーカーとLEDインジケーター×2も組み込まれている。

ハードウェアはMCUプラットフォームに基づいているため、自社開発のカスタムファームウェアで動作する。全てのファームウェア機能が通信プロトコルを介して呼び出せるため、シリアルインターフェースを持っているPCやタブレット、スマートフォン、組み込みシステム、Raspberry Pi、Arduinoなどのプラットフォームで使用できる。

OEMボードは標準のmicro-USBコネクタ付きのほかに、TTLレベルのRS232ピン/RS232電圧レベル用の追加ケーブルデバイス付きモデルも用意する。OEM RS232ボードを利用することで、シリアルインターフェースを有するプラットフォームにも接続可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る