新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ポジティブワン、ISO14443対応のNFCソフトウェア開発キット「uFRナノ」販売開始

ポジティブワンは、ISO14443対応のNFCソフトウェア開発キット「uFRナノ」の販売を開始した。

同キットでは、RFIDデバイスのターンキー標準開発プラットフォームを提供する。加えて、ファームウェアやライブラリ、ドキュメントやOS、開発環境などを含むフル機能のソフトウェア開発キットパッケージが付属する。

定期的なアップグレード(ファームウェア、ライブラリ、APIを含む)も提供され、ユースケースに合わせた開発を進めることができる。

NFC RFIDリーダーの寸法は86×27×12mm、重量は0.21kg。RF通信はISO/IEC 14443 A、ISO/IEC 14443 B、およびISO/IEC 18092通信規格の全てのプロトコル層をサポートする。動作周波数は13.56MHzで、非接触通信用NXPのリーダーICに基づいている。サポートOSはMicrosoft Windows、Linux、MacOS X、Androidだ。

NFCフォーラムのタグタイプは、現在タイプ2が実装済みだ。DESFireはNFCタグタイプ4として使用できるため、ファームウェアの機能としてすぐに追加できる。なお、他のタグタイプ(1と3)やピアツーピア機能なども今後追加予定だ。

さらに、MIFAREの各規格(Mini、クラシック 1K/4K、ウルトラライト/ウルトラライトC、DESFire EV1、Plus)RF識別プロトコルもサポートする。

アンテナの動作距離は20~80mmで、アンテナの形状およびリーダーの構成に応じて変動する。近接読み取り/書き込み速度は最大424kbpsで、一度に複数のカードを検出するための衝突防止メカニズムも組み込まれている。

リーダーはFTDIの仮想COMポート(VCP)ドライバーを使用し、シリアルインタフェースデバイスとしても機能する。また、スピーカーとLEDインジケーター×2も組み込まれている。

ハードウェアはMCUプラットフォームに基づいているため、自社開発のカスタムファームウェアで動作する。全てのファームウェア機能が通信プロトコルを介して呼び出せるため、シリアルインターフェースを持っているPCやタブレット、スマートフォン、組み込みシステム、Raspberry Pi、Arduinoなどのプラットフォームで使用できる。

OEMボードは標準のmicro-USBコネクタ付きのほかに、TTLレベルのRS232ピン/RS232電圧レベル用の追加ケーブルデバイス付きモデルも用意する。OEM RS232ボードを利用することで、シリアルインターフェースを有するプラットフォームにも接続可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る