新しいものづくりがわかるメディア

RSS


現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」

理学療法士が開発した徒手筋力計「Power gauge」がCAMPFIREでプロジェクトを開始した。

photo

Power gaugeは、現役の理学療法士が病院勤務の傍ら約5年の歳月を掛けて開発。今回試作品が完成し、量産に必要な資金をクラウドファンディングで募っている。

photo

リハビリテーションや介護、スポーツなどで活用できる徒手筋力計は、比較的簡単に四肢や体幹の筋力を測定できる。Power gaugeは使いやすさと低価格にこだわり、気軽に携帯して在宅支援や介護などに活用できるという。

直感的操作が可能な1ボタン式を採用。kgfとNの2種類の単位で測定でき、ピークホールド機能や自動電源オフ機能も備える。

photo

測定範囲は0~50kgfまたは0~500N、最小単位は0.1kgf。外寸は100×60×31mm、重量が200g。USB端子からの充電で充電時間は約1時間、稼働時間は連続可動で48時間(いずれも開発中の数値)だ。使用時は必ずストラップを装着する必要がある。

photo

支援およびリターンは、「Power gauge×1個(ロゴステッカー1枚、お礼メッセージ付き」が2万円、「Power gauge×2個(ロゴステッカー2枚など)」が3万8000円、「Power gauge×3個(ロゴステッカー3枚など)」5万7000円などが用意されている。製品到着は2019年6月を予定している。

プロジェクト目標額30万円のところ、2019年5月22日現在、目標の3倍近い89万円の支援が集まっており、プロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る