新しいものづくりがわかるメディア

RSS


センサーモジュールが足の動きを解析——スマートフットウェア「ORPHE TRACK」がオープンベータテストを実施

no new folk studioは、スマートフットウェア「ORPHE TRACK(オルフェ トラック)」のオープンベータテストを実施し、参加者を募集する。

センサーモジュールコンピューター ORPHE CORE

ORPHE TRACKは、シューズに挿入されたセンサーモジュールコンピューター「ORPHE CORE」がリアルタイムに足の動きを計測。独自の歩容解析技術でゲイトサイクル(歩行周期)を解析し、走るだけでランニングフォームを精細に分析し、ランニング指標の分析結果を確認できる。

対応アプリ ORPHE TRACK Run

記録したランはスマホアプリ「ORPHE TRACK Run」で確認でき、ランニングフォーム改善に役立つ情報を提供。これまで精確に知ることが難しかった指標やデータを簡単に把握でき、ランニングフォームの改善をサポートできる。

ORPHE TRACKでわかる主なランニング指標は着地法(フォアフット/ミッドフット/ヒールストライクの分類)やプロネーション(着地時の足首の回内角度)に加え、左右ごとの接地時間やペース、ストライド(片足ずつの歩幅)やケイデンス(時間あたりの歩数)など。指標は今後もアップデートで追加予定だ。

今回開催のオープンベータテストでは、皇居ランナーからのフィードバックを収集する。ORPHE TRACKを実際に使用し、記録したデータやユーザーからの意見を開発に活用予定だ。

実施場所は、ランニングステーション JOGLIS(東京都千代田区麹町 1-7 FMセンター地下1F)で、受付時間は平日7:00~21:30/土曜7:00~18:00/日祝7:00~17:00となる。 終了時期などは未定。参加費用は無料だが、JOGLIS会員以外のランナーは別途施設利用料金がかかる。詳細についてはwebサイトで案内する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る