新しいものづくりがわかるメディア

RSS


no new folk studio、CES 2018にてAI搭載IoTシューズプラットフォーム「ORPHE TRACK」発表

no new folk studioは、CES 2018において、足の動きを精細に記録し解析するAI搭載IoTシューズプラットフォーム「ORPHE TRACK」を発表、コンセプトスニーカーとともにORPHE TRACKのデモ展示を行う。

photo ORPHE CORE

同社は、9軸センサーや100以上のフルカラーLEDを搭載し、動きに合わせて光を制御できるスマートフットウェア「Orphe」を開発したスタートアップ。CES 2016への出展で注目を集め、様々な企業やアーティストとのコラボレーションを経てOrpheの市販化を成し遂げた。

今回発表するORPHE TRACKは、6軸モーションセンサー、気圧センサーおよび振動モーターを搭載する「ORPHE CORE」を靴に内蔵することでIoT化を実現する。ORPHE CORE はSTマイクロの「STM32L4+」を内蔵、低消費電力かつ高速処理が可能で、リアルタイムで高い精度での運動解析と解析結果のフィードバックを可能にした。IoTシューズの電子部品をモジュール化し交換可能とすることで、汎用性や経済性も考慮している。

ORPHE COREは、機械学習によって足の動きを解析する「ORPHE AI」を内蔵しており、これによりランニングフォームのコーチングや健康状態のアドバイスができるようになる。

photo ORPHE FRAMEWORKS イメージ

また、ORPHE TRACKプラットフォームに適合した靴のデザインを可能にするフレームワーク「ORPHE FRAMEWORKS」を靴メーカー向けに用意しており、同フレームワークに沿ってデザインすれば、さまざまな靴をORPHE TRACKに対応したデザインにすることができる。

同社は、今後ランニングを始めとしたスポーツやフィットネス、ヘルスケアなどの用途を中心に、運動解析や行動解析、移動経路解析などのさまざまな機能を提供していくとし、ORPHE TRACKは2018年夏頃の実用化を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る