新しいものづくりがわかるメディア

RSS


建設領域のファンタジー実現へ——短期集中事業立案プログラム「ICIリアルファンタジー営業部 BootCamp」開催

TAG

起業 提携 アクセラレータ

サムライインキュベートは前田建設工業と共同で、短期集中事業立案プログラム「ICIリアルファンタジー営業部 BootCamp」を開催する。

サムライインキュベートによると、建設領域においても、昨今テクノロジー活用による人手不足解消や労働環境改善の動きが進みつつある。その中でも建設用3Dプリンターは、中国やロシアなどでは3Dプリンターによって家を建築する事例が出るほどに活用が進んでいる。一方日本では、建築基準のハードルが高くかつ地震が多発するなどの特殊事情により、建設領域での3Dプリンター活用はそれほど進んでいるとは言い難いという。

このような現状を打開するため、今回のプログラムでは、特に建築領域における3Dプリンター活用の実現をテーマにした技術や事業を募集する。具体的には、「建築領域においてコンクリート3Dプリンティングを活用するための技術シーズ並びに事業」、「3Dプリンティングを活用した建設物の新設」、「3Dプリンティングを活用した建設物の補修/補強」、「3Dプリンティング技術を核とした無人ロボット」の4テーマだ。

当プログラムの対象は、プレシード~シード期のスタートアップや大学研究室在籍者で、募集期間は2019年6月25日~7月23日。審査期間を経た後に、建設領域の事業機会の整理や課題の共有、アイデア発想から落とし込みまでを2019年8月9日~10日の2日間で行う。最終日にはプレゼンテーションを実施し、採択された企業等には、希望すれば2000~3000万円の出資と、サムライインキュベートによる事業立ち上げ支援、および前田建設工業による協業サポートを受けることができる。

申し込みは同プログラムのWebのサイトで受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  2. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  3. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  4. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊
  5. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  6. イグアス、XYZプリンティングジャパンのSLA方式3Dプリンター「PartPro150 xP」を発売
  7. スマートボールでピッチング練習——球速や回転数を計測する軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」
  8. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  9. どこでも仕事に集中できる個室空間を——持ち運び可能なパーティション「SEREN desk」
  10. リアルな人型ロボット「Android Robo-C」の大量生産を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る