新しいものづくりがわかるメディア

RSS


建設領域のファンタジー実現へ——短期集中事業立案プログラム「ICIリアルファンタジー営業部 BootCamp」開催

TAG

起業 提携 アクセラレータ

サムライインキュベートは前田建設工業と共同で、短期集中事業立案プログラム「ICIリアルファンタジー営業部 BootCamp」を開催する。

サムライインキュベートによると、建設領域においても、昨今テクノロジー活用による人手不足解消や労働環境改善の動きが進みつつある。その中でも建設用3Dプリンターは、中国やロシアなどでは3Dプリンターによって家を建築する事例が出るほどに活用が進んでいる。一方日本では、建築基準のハードルが高くかつ地震が多発するなどの特殊事情により、建設領域での3Dプリンター活用はそれほど進んでいるとは言い難いという。

このような現状を打開するため、今回のプログラムでは、特に建築領域における3Dプリンター活用の実現をテーマにした技術や事業を募集する。具体的には、「建築領域においてコンクリート3Dプリンティングを活用するための技術シーズ並びに事業」、「3Dプリンティングを活用した建設物の新設」、「3Dプリンティングを活用した建設物の補修/補強」、「3Dプリンティング技術を核とした無人ロボット」の4テーマだ。

当プログラムの対象は、プレシード~シード期のスタートアップや大学研究室在籍者で、募集期間は2019年6月25日~7月23日。審査期間を経た後に、建設領域の事業機会の整理や課題の共有、アイデア発想から落とし込みまでを2019年8月9日~10日の2日間で行う。最終日にはプレゼンテーションを実施し、採択された企業等には、希望すれば2000~3000万円の出資と、サムライインキュベートによる事業立ち上げ支援、および前田建設工業による協業サポートを受けることができる。

申し込みは同プログラムのWebのサイトで受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る