新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフットウェア「ORPHE TRACK」、ランナーが製品開発に参加できるベータ版の販売予約開始

no new folk studioは、ランニングフォームが解析できるスマートフットウェア「ORPHE TRACK(オルフェ トラック)」ベータ版の販売予約を開始する。

photo

キットに含まれるセンサーモジュールコンピューター「ORPHE CORE」を専用シューズにインサートすると、対応アプリ「ORPHE TRACK Run」で自分自身のランニングフォームの分析結果を知ることができる。

photo

ベータ版製品の購入者には、2019年末にリリース予定となっているバージョン2.0のシューズの無償提供、都内で定期的に実施するORPHE TRACKを使ったランニングフォームのコーチングイベントへの無料参加、3カ月に1回開催する進捗報告や試作品の確認などを行うミートアップイベントへの招待などの特典がある。

photo

ランナーとして開発へ参加するためには、ベータ版を購入して使用して、フィードバックを送って開発の進捗を確認した後に、フィードバックが反映されたアップデート版シューズを受け取ることになる。

photo

ORPHE CORE 1.0の重さは片足あたり約30g、6軸モーションセンサーを使用し、フルカラーLEDと振動モータで通知する機能を持ち、Bluetoothで通信する。充電はmicro USB経由だ。

photo

キットの内容は、ORPHE TRACK専用シューズ SHIBUYA 1.0(24.0/26.0/27.0/28.0cm)、ORPHE TRACKセンサーモジュールコンピューターORPHE CORE 1.0、ORPHE TRACK対応アプリ(現在iOS版のみ、無料で配信)。販売価格は29800円(税抜)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る